カテゴリー別アーカイブ: 2年次生

「ナチュラルサイエンスⅠ・Ⅱ」第2回ワークショップ

  ナチュラルサイエンスⅠ・Ⅱ(高校2,3年次生対象)の第2回ワークショップを2019年6月29日(土)に行いました。
 今回のワークショップには、高知県立大学文化学部 大村誠 教授をお迎えしました。大村先生は、本校のSSH運営指導委員でもあります。 「地球科学と防災科学」について, 前半は,研究者になるまでの道のりを地球科学研究の概要とともに講義していただきました。後半は,防災に関する学問について,自然科学における観測データの可視化,フィールド調査の重要性だけではなく,政策や心理学などの社会科学との文理融合の重要性についての講義もあり,学校設定科目ナチュラスサイエンスで身につけるべきVisionとして,多面的・多角的な視点や,学問的な広い視野を得る機会となりました。

○生徒の感想(抜粋)
・防災といっても,多岐にわたる学問が支え合っているということが理解でき,自分が防災に関して活躍できそうな分野について興味を持つことができた。これまで研究したいと思っていた分野に匹敵する興味深い研究分野を発見できたことが大きな収穫であった。私は理系の研究だけではなく,心理や行動にも少し興味を持っており防災には自分の興味を生かせると思った。もちろん,研究する側の立場になるだけではなく,昨年の豪雨で岡山が安全だと限らないことも実感しているので,日頃からの備えはもちろん先生がおっしゃっていた何気ない毎日を大切にしたい。


・災害は身近なものでありながら自分は大丈夫だろうという油断が起きやすいものです。だからこそ悲しい思いをする人を減らしたいものです。防災を学問としてとらえたとき,文系と理系の協力が不可欠だという話が印象に残っています。元々私は文系理系を問わず両分野が好きで垣根を越えてしまえと思っていたので,防災という学問に非常に興味を惹かれました。


・ニュースで簡単に数字や単文で表示される警告は,多くのデータから可能な限り予測された多くの専門家からのメッセージであることがわかった。しかし,その警告に従う人や従わない人もいる。地震発生などの予知が難しい現状の中であっても,想定される範囲内で最大限のことを行えば失うものは少なくなるが,そこには時間と労力とお金がかかるのも事実であり,課題は残り続けることを痛感した。文理融合の話も印象に残っており,文理を分けた教育と分けない教育のどちらがよいかも難しい課題だと思った。専門家だけでなくすべての人がどこまで本気になれるのかは簡単なようで複雑な課題だと感じた。


・防災の分野に対する考え方が一新された。今まではただ漠然と一人一人が備えるというイメージが強かったが,国や地方公共団体の取り組みについて事前学習で知ることができた。大村先生の講義で最も心に残ったのは「防災とは被災後日常的な生活の幸せに戻れた点,そこまで先を見据える」ということだ,命を守ることだけではなく,復旧,次への備えまでを考えて様々な分野が連携しなければならないということに防災の本質を感じた。また,防災における心理学の面での研究のお話も聞いてみたかった。


・以前は,防災→気象や天体→自然→理系!といった具合に短絡化して考えていましたが,先生の講義を聴いて,政策やコミュニティといった文系に関わる研究分野からのアプローチも可能だなと,驚かされました。文理融合が大事であるという言葉の意味を再確認しました。しかし,どうして長い間,文理が区分されたまま教育が行われているのかが気になり始めました。理由はあるのだと思いますが,文理が融合したり区分されたり,将来には教育も変わっていくのだろう。


・原子力の井上先生の講義と大村先生の今回の講義を通して,私は現状認識と将来へのビジョンに関して,科学者と政治家にずれがあると感じました。このずれが災害の被害につながったりするので,大村先生が言われた文系と理系の密接な連携が必要なんだと思います。地球科学とは,理系と文系科目を学ぶ必要がある科学だと知りました。自らの進路を考えるよい機会ともなりました。

第2回メディカルサイエンスⅠ

高校2年生対象のメディカルサイエンスⅠの第2回ワークショップを6月29日(土)に行いました。 本校卒の医師として、津山中央病院より武田医師と研修医の神浦医師にお越しいただき、医療従事者を志す10名を相手に病院勤務の実態や医師としてのやりがい、EBM(Evidence-based Medicine)、尤度比といった多岐にわたる内容をお話し下さいました。

OB・社会人を活用した土曜講座(7月13日)

7月13日、本校卒業生の飯田淳義先生(岡山赤十字病院救命救急センター・救急副部長)をお招きして、特別講義が実施されました。ご講義のテーマであったACP(Advanced Care Planning)は、「まだ患者本人の意識がある状態で、今後の治療について患者と医療従事者があらかじめ話し合う自発的なプロセス」を意味しており、終末期医療のあり方について我々が考えるべき大きな課題でした。

「人はいつか死ぬが、どのような形で最期を迎えたいか」というお話から始まり、「人ひとりが死ぬ時には様々な人間の思い・感情が交錯し、思いもよらない難しい問題が起きる。だからこそ、今、ACPが重要」ということを分かりやすく、事例を用いて説明してくださいました。高校生にとって「死」とはまだまだ先のことのように思えますが、そのような生徒に向かって飯田先生がおっしゃっていたのは、「死を考えることは、つまりは、生を考えること」というお言葉でした。

医療に携わりたいという将来の展望を持っている生徒が多く参加したこの講義では、質疑応答の時間に積極的に質問をしている生徒の姿があり、飯田先生はその質問の一つ一つに対して「難しくセンシティブな問題ですが、非常にいい疑問です」とコメントしてくださいながら、丁寧に答えてくださいました。死生観、生命倫理といったものに我々は今後ますます向き合っていく必要があるということを強く感じさせられたご講義を通して、生徒が得たものは大きかったと思われます。

飯田先生、お忙しい中、貴重なご講義を本当にありがとうございました。

OB・社会人を活用した土曜講座(6月29日)

6月29日、本校卒業生の 狩野哲郎 先生(伊藤忠商事株式会社)をお招きして特別講義・座談会が実施されました。先生は大学をご卒業なさった後、伊藤忠商事に入社され、それまで国内であまり浸透していなかったオーガニックコットンをMr.Childrenのコンサートグッズとして普及させるなど、商社マンとして第一線で活躍されている方です。昨年度もお越しいただき、非常に反響の大きかった先生のご講義でしたが、今回もお忙しい中、本校生徒のために時間を割いてくださいました。ご講義の中では、野球部のピッチャーとして活躍されていた高校時代・大学時代のお話、さらには商社の仕事について、様々なお話を聞かせてくださいました。

社会に出て働くということに対して漠然としたイメージしか持てていない高校生にとって、ご自身のご経験に基づき「人との繋がり」「一期一会」の大切さを語ってくださった先生のお話は非常に学びの多いものであったようです。狩野先生、お忙しい中おいでいただき、本当にありがとうございました。

以下、生徒感想より引用。

○「changeに対応できないとchallengeできない」という言葉が印象的だった。日頃から身の回りの変化に敏感でいること、そして常に挑戦し続けることを心に留めておこうと思った。(3年男子)

○商社マンといえば、明るくバリバリと働くイメージがあり、それも私には向いていないかなと思っていましたが、人脈の広げ方や、人間関係において“積極的に自分から相手に好意を見せる”ことが大切だと聞いて、これなら私も意識して行動できると思いました。今回の講演で、何を学ぶかということより、どういうような大人になりたいか、どのように働くかなど、講演を聴く前よりも考えやすくなりました。私も、相手から一緒に働きたいと思われるような人になれるよう、まずは今頑張るべきことに、一生懸命努力したいです。(3年女子)

○自主的に参加する講演会に初めて参加したのですが、本当にみんなが聞くべきだったなと思えるくらい、良い講演でした。商社がどんなものなのか、商社に勤める人はどんな人なのかが分かり、私の志望の幅が広がったように思いました。この講演を通して、自分の人との接し方、思いが変わる一日になりました。(3年女子)

修学旅行マレーシア方面 最終日

無事に津山に帰着しました。

(関空からブログ更新を試みたのですが、失敗しました。。。)

疲れた様子だった生徒たちも見慣れた景色を目にするとほっとした様子。

最後、お世話になったガイドさんにお礼を述べ、

充実した表情で解散、迎えにきてくれたお家の方と合流していました。

今回の旅行、何よりもお家の方の支援があってこそできた経験だということを忘れずに。

土産話をしっかりしてさしあげて、恩返ししてくださいね。

修学旅行(関東方面)最終日

最終日を迎えました。7時から朝食です。

今日の午前はコース別研修です。

ここでは、ANAコースについて報告をします。浦安のホテルからバスで約50分、羽田にあるANAの建物で9時半から企業紹介と格納庫の見学です。

ANAを選択した27人は一般の人に混ざって見学です。

間近で見る機体の迫力、スタッフの方の丁寧な説明、滑走路横で離陸する飛行機の見送り、交通関係や揚力について、事前学習として机上で学習したことを、実際に現地で体感できましたね。

昼食はそれぞれのコースで済ませ、14時頃に羽田に全員が集合、16時に羽田を離陸しました。

17時10分、約45分のフライトを終え伊丹空港に着陸。

そこからバスに乗り換え、

勝央SA、津山IC、津山市役所の東駐車場の順に生徒たちは降車。

この4日間で、一人一人が大いに学びました。この経験と仲間との思い出は、一生生徒の 心に残ることでしょう。

修学旅行マレーシア方面 3日目

今日は流石に疲れがたまってきたようで、体調不良の生徒も数名でました。慣れない気候や食事、緊張感で予想以上に体に負担がかかっているようです。無理をしないように、そして互いを気にかけて、健康を維持しましょう。

今日は現地高校 SMK Seafield校を訪問し、交流活動を行いました。

太鼓や伝統武術(Silat)の演舞で出迎えていただいたのち、オープニングセレモニー。本校代表生徒も立派に挨拶スピーチを行ないました。その後、バディとなるSeafield校生に案内され別々の教室に。Seafield校生に混ざって授業を体験しました。数学の授業では確率の問題の解法を英語で発表した生徒もいたようです。

ホールに戻ってくるとバディと一緒に軽食を取ります。先ほどの授業体験を通してもうすっかり打ち解けている様子で、皆楽しそうにお話をしていました。

食べ終わると色々なアクティビティに参加し、マレーシアの伝統的な遊びや工芸をレクチャーしてもらいました。足で羽を蹴るバトミントンのようなスポーツ、ダーカウ(Da Cau)にはサッカー部男子が燃えていました。

私たちのほうも各自が日本について紹介する用意をして行っていたので、短い時間でしたが、しっかり伝えることができました。

滞在はほんの数時間だけでしたが、生徒は彼らからとても多くを学んだように見えます。特に彼らのhospitalityは素晴らしかった。感じたこと、学んだことを今度は日本に帰ってからの自分自身の振る舞いに活かせられればと思います。

渋滞で予定より大幅に遅れてホテル帰着。その後は班別自主研修。「晴れ男」学年主任のパワーも尽きたか、ついに雨。疲れた人はホテルで休息。

今回の夕食は日本食レストランでお腹の調子を整えます。ホテルまでの帰路は市街地を徒歩で。きらびやかな夜のクアラルンプール市街地の雰囲気も少し感じられました。

さあ、明日は最終日。よく休んでください。

 

修学旅行(関東方面)3日目

3日目の朝を迎えました。天候に恵まれ、今日も快晴です。

生徒たちは7時過ぎから朝食会場に向かいます。生徒たちは3〜5人の生活班を作っており、班員が揃って点呼と健康状態の確認を受けます。その後ビュッフェ形式の朝食です。

朝食の後、バスでまずはディズニーアカデミーを受講しました。ディズニーの歴史や接客における心構えなどを学びます。また、実際に生徒がキャストとゲストになって接客の仕方を体験しました。

撮影が不可であったため写真がありませんが、生徒たちは熱心に受講をし、ディズニーの真髄を学んだことでしょう。

そしていよいよディズニーへ。約30人がディズニーランドへ、約160人がディズニーシーへ向かっていきました。

天気にも恵まれきっと思い出に残る夢の国での1日だったことでしょう。

22時からは最後の班長会を行いました。

明日は午前に大学訪問や企業訪問を、伊丹空港に17時半到着予定です。

修学旅行マレーシア方面 2日目

生徒の皆さんよく眠れたでしょうか。

朝食はホテルのカフェでビュッフェ。

ゴージャス過ぎて一気に目が覚めます。

朝食後、現地大学生と班別自主研修に出発!

ちなみに本日も予報に反して晴空。自称「晴れ男」の学年主任は満足げに皆の出発を見守っております。

15時にホテルに帰って来た時にはみんな相当疲れた顔をしていましたが、しっかり英語でコミュニケーションができたようで、達成感のあふれる表情で大学生にお礼とお別れの言葉を述べていました。

その後、新王宮とKLタワーへ。

夕食は「スチームボート」と呼ばれる中華系料理。寄せ鍋みたいなものと聞いていたのですが、ある生徒曰く「寄せの範囲が広い」。確かに、いろんな食材が使われています。いずれにせよ、そろそろ疲れてきた胃腸に優しい料理で、美味しくいただきました。

ホテル帰着後、本日の大学生との班別自主研修の内容を2分のプレゼンで発表しました。習ったマレー語を紹介する班、研修中のハプニングを披露する班などそれぞれのスタイルで楽しく振り返りができました。

明日は高校生との交流。1日歩き回って疲れた体をしっかり癒し、充実した交流ができるようにしましょう。

修学旅行(関東方面)2日目

2日目を迎えた関東方面。

7時から班ごとに点呼を受けて朝食です。

午前はコース別の研修になります。宇宙・科学コース、医療スポーツコース、国際理解コース、生物化学コース、文系エキスパートコースです。8時台に順次バスで出発。

ここでは国際理解コースの様子について報告をします。

29名はバスで早稲田大学へ。本校OBである天児慧先生にご講演とキャンパスの案内して頂きました。天児先生のご専門の現代中国のことから、天児先生の学生生活の様子や教育観までお話して頂き、とても刺激的でアカデミックな時間でした。

学生時代に自転車で東京から故郷まで帰ったこと、フェリーで沖縄を巡ったこと、印象深い話が多かったです。生徒も高校、大学で様々な経験をして自分の「軸」を作ってくれることでしょう。

その後、東京グローバルゲートウェイで、英語を使ったアクテビティを体験。ネイティブスピーカーとうち解け盛り上がっていました。

夜はナイトプログラムです。ルミネ、東京ドーム、東京オペラシティなどで、貴重な体験を過ごしました。

今晩は東京ディズニーリゾートにあるホテルに宿泊です。写真のように毎晩班長会を開催しています。

今日は盛り沢山の内容でした。今晩はゆっくり休んで残り二日間に向けてエネルギーを充電しましょう。