「メディカルサイエンス」病院研修(津山中央病院インターンシップ)

平成30年8月6日(月)、7日(火)の二日間、本校独自科目「メディカルサイエンス」の研修で、医療現場でのインターンシップを行いました。本研修は、津山中央病院のご協力で様々な医療機器の説明や体験、医療従事者の方から実際のお話しを伺うことができました。

研修は、心肺蘇生法の学習や、陽子線センター見学、OPE室の見学など、普段では見ること・知ることができない内容ばかりでした。

参加した生徒は、医学部を志望する生徒が中心ということもあり、医学への興味を深め、より医療へ従事したいという思いを強くしていました。

カテゴリー: H30, SSH | 「メディカルサイエンス」病院研修(津山中央病院インターンシップ) はコメントを受け付けていません。

【文化委員会】平成30年度美作地区図書委員会交流会に参加しました

7月31日(火)に津山東高校で平成30年度美作地区図書委員会交流会が開催されました。津山高校からは文化委員会の生徒が参加し、他校の図書委員会と交流を深めました。

今回は津山東高校・津山工業高校・津山商業高校・美作高校・勝山高校・津山高校から、生徒約30名が参加しました。

 

まず、初めに各校からそれぞれ委員会の活動紹介を行いました。本校の生徒たちも読書会や図書館の貸出ランキングの紹介などを行いました。

続いて、ワークショップ「理想の図書館を作ろう!」を行いました。資金などの制限を考えず、理想の図書館について班毎に話し合って模造紙に図面を書き、コンセプトや工夫した点をそれぞれ発表しました。

和室や個室がある図書館、五角形や六角形の図書館など柔軟なアイデアの数々で、聞いている方も楽しいワークショップとなりました。

実際の図書館では、お金や面積の問題で全て自由にとはいきませんが、活動紹介で知った他校の取組やワークショップのアイデアも活かして、少しでも理想に近づけられるよう、委員会活動を活発に行っていきたいと思います。

カテゴリー: H30, 文化委員 | 【文化委員会】平成30年度美作地区図書委員会交流会に参加しました はコメントを受け付けていません。

津山高校陸上競技部夏季合宿のお知らせ

津山高校陸上競技部夏季合宿を行います。

 

8月10日(金)10:00~18:00 津山陸上競技場

8月11日(土) 9:00~12:00 津山陸上競技場

     15:00~18:00 神楽尾公園他

8月12日(日) 9:00~12:00 津山高校グラウンド

 

OBの方々のご来訪をお待ちしております。

カテゴリー: H30, 陸上競技部 | 津山高校陸上競技部夏季合宿のお知らせ はコメントを受け付けていません。

H30 理数科「先端科学研修」ニュースバル,SPring-8,SACLA訪問

7/26(木)に,津山高校から高速道路を使ってバスで1時間,理数科2年次生は兵庫県の播磨科学公園都市に到着し,世界最先端の研究施設であるにニュースバル,SPring-8,SACLAの3つの施設を見学しました。

この3つの施設は,「放射光」という光を使って物質を原子レベルで分析することのできる巨大な施設で,特にSPring-8,SACLAは世界一の性能を誇ります。

 

① ニュースバル(兵庫県立大学高度産業科学技術研究所)

ニュースバルでは,極端紫外光から軟X線領域の放射光を用い,さまざまなナノテクノロジー開発を行っています。研究員の方から施設や研究内容の説明を受けた後,蓄積リングのあるビームライン内を見学させていただきました。実験機器には,機械の熱放射を防ぐためにアルミホイルが巻かれていました。

見学後,研究員の方から質問タイムを用意していただきました。施設のことや研究内容のことなどについて質問に答えていただきました。現在2年次生は課題研究に取り組んでいる最中であり,研究員の方のお話は大いに参考になったはずです。


▲ 実験機器を間近で見学させてもらいました。

② SPring-8&SACLA

SPring-8は円形加速器から発生する放射光を利用する大型実験施設であり,SACLAは世界でも数少ないX線自由電子レーザーを発生することができる施設です。

放射光普及棟でSPring-8(Super Photon Ring 8GeV)とSACLA(SPring-8 Angstrom Compact Free Electron Laser)の概要について説明を受け,いよいよSPring-8とSACLAの見学へ。

SPring-8では,まずその施設の巨大さに圧倒されました。夏休みの点検で運転が止まっていたため,中に入って見学させていただきました。1周1.4 kmのリングの大きさも,午前のニュースバルと比べながら体感できたことで,生徒の驚きも大きかったようです。


▲ まずは施設の概要を説明していただきました。


▲ 実験施設内は,とても広い。そのため,実験する研究員は,施設内専用の自転車で移動するそうです。

続いて,SACLAの実験棟へ移動。実際にこちらで研究を行っている本校卒業生の登野先輩から,施設や研究についての説明をしていただきました。「なぜSACLAは直線型なのか」といった研究に関する専門的な内容から「電気代など1年でどのくらいかかるのか」といったものまで,多くの質問に答えていただきました。

「世界中で,この施設でしか見ることができないものがある。そのために,たった数日間に何千万円という費用をかけて世界中から研究者が集まってくる。」という話に,驚かされました。

また,その施設が日本にあること,そこで津山高校の先輩が働いていることについて,理数科生徒は大変誇らしく感じたのではないでしょうか。


▲ 2011年位に完成した,まだ新しい実験施設です。
エントランスも広く,きれいです。
最後に生徒全員で記念撮影。将来,ここで実験する研究者が,この中から出てくることでしょう。


▲ 窓越しからの見学です。世界最先端の施設のため,外国から実験に来られている方も多くいるようです。本校卒業生の登野先輩から,概要を説明していただきました。

<生徒の感想(抜粋)>

・SPring-8では,原子や分子レベルの構造を観察分析できることによって,数多くの分野に役立っていることがわかりました。特に医療分野では創薬などに役立っていると知りました。ニュースバルでは世界最先端の技術を見せていただき,SPring-8やSACLAではアメリカやドイツの研究チームが来ていました。まさに世界基準の技術なんだなと感じ,日本の技術は世界トップレベルだと誇らしく思いました。このような世界最先端の研究施設で津山高校の先輩が研究者として勤務していることがすごいと思いました。丁寧な講義もありがとうございました。

・世界最先端の研究が行われており,研究するには論文をたくさん読む必要があり,そのためにも英語をしっかり勉強しておくという貴重なお話もいただいた。研究内容は難しかったが,フレミングの左手の法則で説明ができる原理などもあり身近に感じることができた。講義や見学から,勉強というのはただ覚えるだけではなく,その本質を理解することが,大学,社会に出ても大切なことだと思う。化学反応を分子レベルで解析するなどの物事の根幹について研究してみたい。

・どの研究施設も,日本の技術力の高さと研究者のプライドのようなものを感じられた。高校生にもわかりやすく丁寧に説明していただいて感謝しています。応用研究として社会に役立つことの大切さを実感しました。基礎と応用研究をバランス良く成り立たせることが社会の発展に貢献できるのだと思います。そのためにも,科学技術の先端にいる方々が常に言われる「決断力のなさ」が日本人の弱点なんだとも感じた。この素晴らしい技術を活かすためにも決断力を高めていかなければならないと感じた。

・SPring-8やSACLAの違いについて知ることができました。結晶化しなくても解析できることに感動しました。ニュースバルを見学したのは初めてで,女性科学者が研究している姿を見て,改めてSPring-8で働きたいと思いました。放射光が工業分野だけではなく医療や光合成研究などに役立っていることを理解できました。また,様々な波長の光を,それぞれの特徴に応じて様々な用途で利用していることを知り,物理をしっかり勉強しようと思いました。放射光を使っての材料の分析,新材料の創造,微細加工技術に非常に興味を持ちました。

・今回の研修で,将来の夢について考えるこができ,英語の重要性も理解できました。最先端の技術の素晴らしさを肌で感じることができたと同時に,日本の若手研究者や技術者の現実,技術の空洞化とよばれることについても知ることができました。自分たちは自分の興味で研究していくことも大事だが,日本という国の科学技術に貢献するために企業等と共同研究していくことも大切だと分かりました。自分たちの世代が,現在のすごい技術が今後世界に負けないように,基礎・応用をしっかり研究していく必要があると思いました。

 

カテゴリー: H30, SSH, 理数科, 2年次生 | H30 理数科「先端科学研修」ニュースバル,SPring-8,SACLA訪問 はコメントを受け付けていません。

津山高校SSH遺伝子実験セミナーを実施しました!

7月24日に、3年生の普通科・理数科の理系生物選択者を対象に津山高校SSH遺伝子実験セミナーを津山高校生物教室で実施しました。

岡山大学大学院自然科学研究科の阿保達彦 准教授に津山高校に来校して頂き、出張講義の形式です。

 

講座内容は、「遺伝子発現制御実験:大腸菌ラクトースオペロンを例に」です。

普段高校ではできない遺伝子実験を、大学の先生から講義を受け実験を行うという非常に貴重な体験です。

 

では、実験内容の紹介です!!

まずは、本日の実験に関する講義です。遺伝子の発現調節に関する内容ですが、非常にわかりやすく講義して頂きました。

次に、大腸菌の培養です。オートピペッターを使って野生株や変異株の大腸菌を培養液に加えていきます。

 

午後からは、各培養液で酵素反応を行わせ、反応液の色を観察します。

実験結果から、変異株の遺伝子型を推測します。

最後に、本日の講座のまとめです。しっかりと実験内容を理解できたようです。考察もよくできました。

今回の講座で、生徒の皆さんは教科書の内容の理解だけではなく、将来の進路についても考えるよい機会となったようです。皆さんよく頑張りました!!

カテゴリー: H30, SSH, 3年次生 | 津山高校SSH遺伝子実験セミナーを実施しました! はコメントを受け付けていません。

平成30年度7月 収納式・壮行式・全校集会・十六夜祭結団式

7月19日(木)に収納式・壮行式・全校集会・十六夜祭結団式が行われました。

熱中症対策のため、収納式・壮行式・全校集会は校内放送で行い、生徒は各HRで放送を聞きました。

 

■ 収納式

5月~7月の期間に受賞した部活動などの成果の発表が行われました。
今回、発表した部活動等は以下の通りです。

◾陸上競技部
◾剣道部
◾硬式野球部
◾ハンドボール部
◾弓道部
◾書道部

 

■ 壮行式

全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に出場する2年 木梨嘉紀くんの壮行式が行われました。陸上競技部顧問の清水先生、生徒会副会長の今西くんより木梨くんへの激励の言葉がありました。

 

■全校集会

校長先生、生徒課より夏休みに向けてのお話がありました。
校長先生は、式辞の冒頭で、平成30年7月豪雨で亡くなられた方々に哀悼の意を表され、また被災者へのお見舞いを申され、被災地の早急の復興をお祈りされました。未曾有の災害を目の当たりにして、自分自身に何ができるのか何をすべきなのかを一人ひとりが考えること、そして何より大事なのは亡くなられた方々やご遺族、被災された方々の心に寄り添うことであることを述べられました。さらに、本校最大の学校行事である十六夜祭に向けて、腕を組んで思考し、VGRを発揮してほしいと述べられました。

 

■ 十六夜祭結団式

各HRから体育館へ移動し、十六夜祭に向けて、各ブロック団長・部門リーダーの決意表明が行われました。各ブロックのリーダーたちはブロックの仲間たちに、熱く、やる気に満ち溢れた言葉をかけました。クラス・年次の垣根を越えて団結し、これから本番に向けてしっかりと準備していきます。

平成30年度十六夜祭テーマ

「超魂(うるとらそうる)」

各ブロックのテーマ

赤ブロック「朱雀天翔(すざくてんしょう)」

青ブロック「炉火純青(ろかじゅんせい)」

黄ブロック「黄彩陸離(こうさいりくり)」

 

カテゴリー: H30, 学校行事 | 平成30年度7月 収納式・壮行式・全校集会・十六夜祭結団式 はコメントを受け付けていません。

平成30年 関東同窓会 総会・懇親会のご案内

日時    平成30年9月29日(土)

12:00~14:30(11:30に受付開始)

場所    霞山会館37階「霞山の間」

東京都千代田区霞が関三丁目2番1号霞が関コモンゲート西館37階

会費    年会費2,000円

懇親会参加費   ・会員、卒業生、同伴者 7,000円

・就学中の卒業生(大学生) 無料

・同伴のお子様(小学生以下) 無料

 

カテゴリー: H30, お知らせ, 同窓会事務局 | 平成30年 関東同窓会 総会・懇親会のご案内 はコメントを受け付けていません。

第4回中高合同保健委員会を実施しました!

7月の定期考査が終わり、夏が本格化している7月9日に第4回中高合同保健委員会を実施しました。今回の内容は、十六夜祭(学校祭)の内容や資料作成の日程調整を行いました。今年度は歯の健康に関することを中心に行うことにしています。

また、7月19日に行う熱中症講習会での役割決めやデモンストレーションの練習を行いました。

熱中症講習会では保健委員が中心となり、部活動の生徒や中学生へ運搬法、回復体位、熱中症の対応について講習を行います。これからどんどん暑くなり、部活動も盛んになります。全員が確実に予防や対処ができるようしっかり学んでもらう機会としたいです。

カテゴリー: H30, 保健委員会, 保健室 | 第4回中高合同保健委員会を実施しました! はコメントを受け付けていません。

熱中症予防研修会を実施しました!

7月19日(木)の終業式終了後、生徒保健委員による部活動生徒への熱中症予防研修会を実施しました。

高校の運動部の生徒の代表2名ずつと、今回は中学生も含めて全体で68人の生徒が研修会に参加しました。

 

まずは保健委員長が挨拶しました。

先日の小学生の痛ましい事故、今年の救急搬送の多さも踏まえて話し、自分の体は自分で守りましょうという言葉がとても印象的でした。

その後、教員による熱中症の基礎知識と熱中症対策グッズの講話がありました。

そして代表の保健委員によるデモンストレーションの後、運搬法・回復体位・熱中症の初期対応についてそれぞれ実施しました。

〇デモンストレーションの様子

〇グループごとの実施の様子

最後に養護が作成したおすすめドリンクをみんなで試飲しました。

そして副委員長の挨拶により、熱中症予防研修会は終了しました。

どの部の生徒も熱心に練習しました。実施後のアンケートの結果もよく、保健委員が生徒に向けてしっかり指導を行った成果です。これからまだまだ夏は続きます。気温が30度以上の日が多い今年は、生徒も教員も協力して熱中症の予防・対策が必要です。この研修会で学んだ生徒から、ほかの生徒へと学びがつながり、津高生・津中生の全員が熱中症の予防と対応を知っているようになって欲しいです。

カテゴリー: H30, 保健室, 部活動 | 熱中症予防研修会を実施しました! はコメントを受け付けていません。

「ヘルス6月号」を配布・説明しました!

2年5組の作成したヘルス6月号を配布し、保健委員で帰りのSHRで説明をしました。

今月の内容は、6月20日に行った薬物乱用防止教室、6月22日に行った薬物乱用防止キャンペーンを表面に載せ、裏面は熱中症の予防と食中毒についてです。

また、帰りのSHRでは、どのクラスも協力して保健だよりの内容についてクラスの人に 説明しました。

 

〇私たちが作成しました!

写真やイラストを多く使いました。

字も丁寧で見やすいよう工夫しました。

〇帰りのSHRでクラスへ説明しました!

 

 

カテゴリー: H30, 保健だより, 保健室 | 「ヘルス6月号」を配布・説明しました! はコメントを受け付けていません。