作成者別アーカイブ: tuyama01

第52回十六夜祭を開催しました。

 9月3日(金)7日(月)に『第52回 十六夜祭』を開催しました。感染症対策のため、多くの点で例年と異なる形式での開催となりましたが、各部門で様々な工夫を凝らし、無事終えることができました。十六夜祭に関係していただいた全ての方に感謝申し上げます。

 このブログでは、2日間を振り返ってみようと思います。今年のテーマは「爽籟」でした。

【文化の部(3日)】

 体育館では、今年度、初実施となる映画の上映が行われました。各ブロックそれぞれのテーマをもとに撮影、編集を行ってきました。各ブロックそれぞれの特色がでており、どの作品も非常にクオリティーが高く、とても見ごたえがありました。校内では、各ブロック展示が行われ、巨大なオブジェの作成をベースとし、思考を凝らし、それぞれのブロックの世界観を創出したものが多くありました。また、今年度、3年次生は各クラスで展示を行いました。準備期間が短い中でも、各クラス楽しみながら、様々な工夫がされており、とても思い出に残るものとなりました。また、生徒会によるオープニングセレモニーやエンディングムービーも限られた作成時間の中で非常にクオリティーの高いものを作り上げ、文化の部を盛り上げました。

【体育の部(6日)】

 晴天の中、体育の部を開催することができました。開会式では各ブロック団長による選手宣誓などで体育の部が幕をあけました。午前の部は昨年度から始まった応援歌からスタートしました。応援歌ではオリジナリティーあふれる歌に加え、それぞれのパフォーマンスで会場を盛り上げました。また、感染症対策を行いながら、どの競技においても接戦となり、白熱していました。午後からの部は、応援団のパフォーマンスで幕をあけました。どのブロックも練習に練習を重ね、息の合った非常にレベルの高いパフォーマンスを披露し、会場の熱気がさらに高まったようでした。

【2日間を通じて】

 制限の多い状況の中でも、工夫を凝らし、準備や片付けも早く、それぞれが最後まで全力で取り組んでいたと思います。しかし、準備の段階では、苦しみ悩む姿もありました。涙を流した生徒もいました。そんな、汗と涙があってこその2日間。生徒一人一人が大きく成長するきっかけとなる十六夜祭であり、やり遂げた生徒たちの顔はまさにテーマである「爽籟」のようなさわやかさと充実感にあふれていました。生徒たちは十六夜祭を通じて、一回りも二回りも大きくなったように思います。

第52回 十六夜祭の開催について

 津山高校・中学校では、十六夜祭の準備を進めています。

尚、新型コロナウイルス感染予防の観点から、一部日程を変更し開催予定です。
今年度も保護者や御家族の方を含め非公開といたします。ご了承ください。

今年のテーマは爽籟(そうらい)です。
今年度のチラシは、イラスト原画を 高校1年次生 泉水さん、「爽籟」の書を 中学2年生 南さんが担当してくれました。

十六夜祭の当日の様子は、後日ブログでも紹介したいと思います。

令和3年度津山高校同窓会総会を開催しました

 去る令和3年8月14日(土)13:00より、津山高校百周年記念館にて令和3年度津山高校同窓会総会を開催しました。

 総会の実施は2年ぶりとなりますが、懇親会については昨年に引き続き中止としました。

 例年通り、会計報告・予算案が示され、承認されました。また、今回は役員改選があり、会長については、牧山政雄氏(高14期)が御退任され、副会長の林同輔氏(高27期)が新しく会長に就任されました。副会長には、高31期芦田いづみ氏、高32期苅田裕也氏、高34期秋山政徳氏の3氏に加わっていただくことになりました。

 牧山氏には6期18年にわたり、同窓会の運営に多大なるご尽力をいただきました。この場をお借りし深く感謝申し上げます。また、高48期の卒業生の皆様には、総会の準備、また、当日の受付・司会と大変お世話になりました。

津山高校同窓会事務局

祝 2020東京パラリンピック出場

津山高校50期卒 菊池智子(きくちさとこ)さんが、8月24日から開催される東京パラリンピックに出場されます。 種目は女子シッティングバレーボールです。
菊池さんは、平成11年に津山高校を卒業され、現在兵庫県のパソナ・パナソニックビジネスサービスに所属されています。パラリンピックにはロンドンパラリンピックに続き2度目の出場で、ロンドン大会では7位に入賞されています。

女子予選は8月27日(金)から始まります。

菊池さんの活躍を心より祈念いたします。

パソナ・パナソニックビジネスサービス
https://www.pasona-pbs.co.jp/topics/2021/0817.html

津山高校オープンスクール2021の中止について

8月20日(金)に予定していました「津山高校オープンスクール2021」ですが、8月20日から岡山県にまん延防止等重点措置が適用されることから、誠に残念ではありますが中止とさせていただきます。

お申込いただいた中学生・保護者の皆様には誠に申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 本校の様子につきましては引き続き本校ホームページのブログや『情報誌いざよい』等でお知らせいたします。また、学校紹介動画を本校ホームページで公開しています。
そちらもぜひご覧ください。

<担当>
岡山県立津山高等学校
広報交流戦略室
春名 杉本

TEL: 0868-22-2204
FAX: 0868-22-3397
Email: tuyama02@pref.okayama.jp

理数科2年次生「先端科学研修」ニュースバル,SPring-8,SACLA訪問してきました

7/27(火)に理数科2年次生は,兵庫県播磨科学公園都市にある,世界最先端の研究施設であるニュースバル,SPring-8,SACLAの3施設を見学しました。 この3つの施設は,「放射光」という光を使って物質を原子レベルで分析することのできる巨大な施設で,特にSPring-8,SACLAは世界トップクラスの性能を誇ります。

① ニュースバル(兵庫県立大学高度産業科学技術研究所)

極端紫外光から軟X線領域の放射光を用い,さまざまなナノテクノロジー開発を行っている施設を見学しました。研究員の方から施設や研究内容の説明を受けた後,蓄積リングのあるビームライン内を見学させていただきました。研究員の方には,施設のことや研究内容のことなどについて生徒からの質問に答えていただきました。現在2年次生は課題研究に取り組んでいる最中であり,研究員の方のお話はきっと大いに参考になったことでしょう。


② SPring-8&SACLA

 SPring-8は円形加速器から発生する放射光を利用する大型実験施設であり,SACLAは世界でも数少ないX線自由電子レーザーを発生することができる施設です。

 SACLA(SPring-8 Angstrom Compact Free Electron Laser)とSPring-8(Super Photon Ring 8GeV)の概要について説明を受け,SACLA とSPring-8の見学を行いました。

世界最先端の施設のため,外国から実験に来られている方も多くいるようです。今年も,実際にこちらで研究を行っている本校卒業生の登野先生から,施設や研究についての説明をしていただきました。本当にありがたいことです。このような世界最先端の施設が日本にあること,そこで津山高校の先輩が働いていることについて,理数科生徒は大変誇らしく感じたと思います。


<生徒の感想(抜粋)>

・タンパク質の構造を見たり原子と原子の結合を見たりするために莫大な費用と労力を費やし施設を建設していることを考えると、人間の知的好奇心の深さを感じた。説明で聞いたほとんどの言葉が僕にとっては規格外で世界の最先端の凄さを改めて知るきっかけとなりました。事前学習の時には、全て理解できなかった放射光のことも実際に行ってみるとよく分かりました。将来化学系の研究者になりたいと思っているので、今回の研修はとても良い体験になりました。

・世界でも数少ない貴重な施設を見学でき、大変勉強になりました。話を聞いているだけではあまりわからなかったことも、直接見ることで理解を深めることができてよかった。Spring-8とニュースバルの見学をすることができたり、実際に研究者の方々からお話を聞くことができたのはとても良い経験になった。 また、最後には津山高校の先輩の研究者の方からの話を聞くこともでき研究に対して親近感が湧いた。お忙しい中、本当にありがとうございました。将来は研究者を目指して頑張りたいと思います。

・日本の科学技術が世界トップクラスであったのは過去の話であるとおっしゃっていたが、世界最高峰の放射光施設であるSpring-8やニュースバルを見学させていただけたことはとても勉強になった。今回の研究で最も印象深かったことが三つある。一つ目は日本と外国のことである。天然資源が豊富でない日本が外国と渡り合っていくためには研究で技術を発展させ国益を産むことを考えなくてはならないと聞き、研究の重要性を再認識した。二つ目は、研究と経済について、研究には多額の予算が必要であり、経済の分野にも知識が大切であることに気づかされた、三つ目はハイテクとローテクについて、最先端の超精密な機械において振動を軽減するために採用した機構の工夫であったり、伝導率の低いステンレス製のパイプを均一にするためにアルミホイルを巻きつけていたりと発想力で課題を解決している部分があった。様々な物事が絡み合って最先端を形成しているということがよくわかりました。

・今日1日を通して感じたのは研究者の皆さんの自信にあふれた雰囲気です。一人一人が自分自身の研究にやりがいを感じているのだろうなという雰囲気でした。 研究に関わる仕事に対するイメージも変わりました。でも、今日施設を見学していて思ったのは女性が少なかったことです。自分の中のイメージでも男性が多そうだと思っていたので、これから先は女性の研究者も増えていくと良いのかなと思いました。自分も研究者の皆さんのように自信が持てるように頑張って学んでいきたいです。

令和3年度四校連携講座「地域創生学」1日目

令和3年度の四校連携講座が今年も始まりました。
7/29(水)は津山高校の100周年記念館を会場に
四校から34名の生徒が参加しました。
本校からも高校2年次生10名が参加しました。

基調講演「高校生に地域で挑戦してほしいこと」では、
大正大学教授の浦崎先生から、
「夢中になれるものに出会えるかどうか」また、
学生たちの成長について、大変興味深いお話を聞くことができました。

また、劇団OiBokkeShiを主宰する菅原直樹さんによる
グループエンカウンターや、
昨年度参加者の発表、津山市からの政策に関する講義など、
盛りだくさんな一日となりました。
7/29からは実際に各分野の先生からの講義やフィールドワークが始まります。

津山高校 学校紹介動画

  1. 津山高校イメージ動画
  2. 学校紹介1 ~津山高校の授業編~
    • 津山高校の授業について紹介します。
  3. 学校紹介2 ~様々な行事編~
    • 津山高校の学校行事について紹介します。
  4. 学校紹介3 ~SSH・地域と世界編~
    • 津山高校のSSHでの取り組みや、地域での活動、国際的な交流について紹介します。
  5. 部活動紹介
  6. 360°施設案内
  7. その他
    • 学校案内(パンフレット)
    • SSH(スーパーサイエンスハイスクール)について

津山高校イメージ動画

2020年度 制作

学べる環境がここにある!津山高校の授業について紹介します。

学校内外で広がる輪!津山高校の学校行事について紹介します。
※令和元年度の行事をベースに紹介しています。

育てよう!探究する力 津山高校のSSHでの取り組みや、
地域での活動、国際的な交流について紹介します。

部活動紹介

津山高校の部活動を紹介します。

360°施設案内

※スマートフォンの場合はYou Tubeアプリでご視聴ください。
動画の画面上部にあるタイトル「360°施設案内」をタップするとアプリに移動します。

その他

2022年度 学校案内
津山高校SSH(スーパーサイエンスハイスクール)

◆ 最後までご覧いただき、ありがとうございました。 ◆

体験講座の決定について[オープンスクール2021]

 この度は、「津山高校オープンスクール2021」にお申込みいただきありがとうございます。
今後、お申込みいただいた皆様に向けて体験講座決定の連絡を予定しています。


下記の日程で、申込み時にお伺いしたメールアドレス・FAX・電話番号へ連絡をさせていただきます。ご了承ください。

【連絡予定日】 7月29日(木)~30日(金)
※電話の方は、16:00~18:00の間に連絡させていただきます。

上記の期間に連絡がない場合は、お手数ですが「津山高校 広報係(0868-22-2204)」へご連絡ください。


メールアドレスをご登録いただいた方へ

※メールが届かなかった場合は次の原因が考えられます。ご確認ください。

  • メールアドレスの入力間違い
  • メールのフィルタリング機能により迷惑メールとして処理されている
  • 携帯メールの受信拒否設定機能を利用している
  • セキュリティソフトによって、迷惑メールとして処理されている

迷惑メール対策等を目的に「ドメイン指定受信設定」や「パソコンからのメール受信拒否設定」を行っている場合は、以下のドメインからのメールを受信できるように受信許可設定を行ってください。

<ドメイン> @gmail.com