作成者別アーカイブ: tuyama01

令和3年度 新任式・始業式・入学式

4月8日(木)に令和3年度 新任式・始業式・入学式が行われました。

【新任式・始業式】

今年度は、新型コロナウイルス感染症対策から、Google Meetを活用したリモートによる新任式・始業式を行いました。
リモートではありましたが、 新任者の紹介や校長の式辞を真剣に聴く新2・3年次生の様子が見られ、これからの津山高校を牽引する存在として期待できる姿でした。

【入学式】

午後からは、新1年次生が保護者の方と一緒に登校し、 入学式が行われました。
こちらも現在の状況を考慮して、在校生は下校し、吹奏楽部の演奏や校歌斉唱等は省略して実施されました。

式では、新入生代表の荒田さんをはじめとし、みんな堂々とした姿で臨んでいました。
これからそれぞれがどのような活躍をしてくれるのか本当に楽しみです。
在校生とともに、きっと津山高校をさらに盛り上げてくれることでしょう。

参加者はマスク着用の上、保護者にも手指消毒・検温にご協力いただきました。
換気については体育館2階の窓を開けて行いました。

[美術部]美術部展覧会のご案内

3月17日より津山高校美術部の作品展を勝央町で開催することになりましたので、 ご案内します。

津山高校美術部作品展2021
津山高校color

  • 期 間: 3月17日(水)~4月26日(月)
  • 場 所: piatto nono[イタリア料理 ピアット ノノ](勝田郡勝央町勝間田586-4)
  • 時 間: 11:00~20:30
  • 定休日: 毎週火曜日・3/29は臨時休業します。

※ 貸切・満席・臨時休業の場合もございますので、お店のホームページをご確認頂くか、直接お問合せください。
※ ギャラリー観覧のみのご来店もできます。

 <美術部員からのメッセージ>

 私たち津山高校美術部は、部員11名で日々色々な作品制作に取り組んでいます。
 今回、ピアットノノさんのご厚意で私たちの作品を飾っていただけることになり、この展示に向けて一人ひとりが個性豊かな作品を完成させました。立体作品をはじめ、テイストの違う作品が多くできたと思うので、楽しんでいただければ幸いです。
 私たち美術部はこの展示を新たな出発点とし、これからも日々創作活動に励んでいこうと思います。

皆様のご来場をお待ちしております。

1・2年次生 校内スポーツ大会

3月3日(水)に2年次生、4日(木)に1年次生の校内スポーツ大会が実施されました。

1・2年次生ともに、男子がサッカー、女子がバスケットボールを行いました。クラス対抗で白熱した試合が繰り広げられ、生徒の普段とはまた違った姿を見ることができました。

まもなく学年も終わりとなりますが、最後に一層クラスの絆が深まったように思います。

■2年次生

■1年次生

1年次生 iPⅠ英語発表会

1年次生は、3月2日(火)7限の十六夜プロジェクトⅠの時間に英語スキット発表会を行いました。

これまでに英語の授業の中で、教科書の内容を用いた英語のスキット(短い劇)作りを行ってきました。5時間の中でストーリー作りから発表練習までを行い、各クラスの選考会を行いました。短い時間でしたが、各クラスのどのチームもまとまったものを作り上げることができていました。

そして、この発表会では各クラスから選ばれた6チームが、1年次生全員の前で発表しました。発表チームはクラスの選考会後も定期考査期間などを使い、練習を重ねたり、小道具を工夫し、さらにパワーアップした発表を見せてくれました。

どのチームも英語で堂々と発表していて、ALTのJeff先生からも好評をいただきました。また、クスッと笑える場面もあり、楽しい発表会となりました。

1年次生 リンゴの皮むき決勝大会

2月1日(月)の放課後に、1年次生リンゴの皮むき決勝大会が行われました。家庭基礎の授業で行われたリンゴの皮むきテストの結果から選出された各クラスの代表者と、1年次団の教員、計10名が参加しました。勝敗は皮むき時間で決まりました。どのクラス代表も、素早くきれいに皮をむいていて、とても驚かされました。

生徒の結果は1位45秒、2位54秒、3位58秒でした。 教員の1位は44秒でした。 結果は僅差で、とても白熱した大会となりました。

1年次生ディベート大会

1月19日(火)6限に1年次生のディベート大会を実施しました。普通科クラスから代表4チームが選出され、決勝戦を行いました。
ディベートのテーマは「日本は100%キャッシュレス化にすべきである。是か非か。」と「日本の学校は秋入学にすべきである。是か非か。」でした。

1年次生は2学期後半からiPⅠ(十六夜プロジェクトⅠ)において、ディベートに取り組んできました。情報収集やクラス内での練習・試合を経て、今回はその集大成となる決勝大会でした。

説得力のある具体例をあげたり、相手の弱点を突く鋭い反論を繰り出すなど、どちらのテーマも一歩も引かない白熱した戦いとなりました。

  • クラス内の試合の様子
  • ディベート大会の様子

1年次生 百人一首決勝大会

1月15日(金)の放課後に、1年次生の百人一首決勝大会が開催されました。
国語の授業の中でクラスごとに予選を行い、各クラス2名の代表者を選出しました。
決勝大会では、準決勝と決勝の2試合が行われ、12名の代表者が優勝を目指して競い合いました。応援にかけつけてくれた生徒もいたり、決勝戦の読み手や表彰式の運営も生徒が担当したりと、みんなで良い大会をつくることができました。
1位から3位の生徒には賞状と景品が手渡され、表彰式では和やかな雰囲気の中、互いの健闘を称え合いました。

この大会を通して、和歌の世界を読み味わい、日本の伝統文化に親しむことができました。

十六夜プロジェクトⅠ「フェルミ推定」

十六夜プロジェクトⅠ(iPⅠ)では、高校1年次生が,2年次に実施するグループ研究に向けて必要な基礎的スキルを学びます。これまで「論理的文章力」を身に付けるために小論文講座を実施してきました。今回は「論理的思考力」の育成を目的にフェルミ推定の課題にグループでチャレンジしました。 フェルミ推定とは一般的に「調査しないと分からないような数量を論理的に概算する」こととされています。 11月10日(火),11月24日(火)にそれぞれ1回ずつ行いました。

11月10日(火) は,クラスごとに8グループに分かれて「日本全国の高校生の1日あたりの砂糖摂取量の総量は?」という課題に挑戦しました。難しい課題でしたが,様々な角度から考えて答えを導き出していました。

11月24日(火) は,クラス混合で各会場8グループに分かれて「 日本の高校生が1年間で使用する水の総量は? 」という課題に挑戦しました。2回目ということもあり,スムーズに考え始めることができていました。また,グループのメンバーは全員異なるクラスで編成されていましたが,意見を出し合い協力して取り組むことができました。

〇11月24日の様子

【普通科2年】「十六夜プロジェクトⅡ」中間発表会にむけて

 普通科全15分野54グループによる「十六夜プロジェクトⅡ」(通称 iPⅡ)の中間発表会が11月24日(火)に予定されています。生徒たちはそれぞれのグループごとに顧問の先生と熱心に研究のテーマやいままで調べた資料について話し合ったり,図書館・情報処理室で関連する論文を探したり,といった活動をしています。 理系テーマの班では試行的にChromebookを活用しています。

 早いグループは コモンホールで予備実験に臨んだり,外部の施設にヒアリングに出向いたりするなど,みんな意欲的に取り組んでいます。

【理数科】サイエンス探究Ⅱ校内発表会にむけて

 理数科2年次生の課題研究「サイエンス探究Ⅱ」では,自分たちで決めた研究テーマについて,毎週2時間,学校の実験設備や研究機器をフル活用しながら,徹底的に研究を行います。研究では本校の理科・数学・情報の先生だけでなく,美作大学や津山高専など外部の先生方にも毎回指導いただいています。

津山高校課題研究は,学会や全国大会でも発表し,高い評価をいただいています。今は12月中旬にある校内発表会にむけてそれぞれの研究グループの実験やデータの整理に忙しくなってきました。普段の勉強や部活動があるなか、参加できるメンバーで協力して、時には交代して毎日放課後実験に臨んでいます。