作成者別アーカイブ: tuyama10

ピアサポートを行いました!

保健委員会では、今年度はピアサポートを実施しています。11月22日に第1回ピアサポートをおこないました。今回は「話の聴き方」と題して、人の話の聴き方に注目して行いました。また、今回は保健委員だけでなく、希望の生徒も参加して行いました。

まずは心と体をほぐすため、あいこじゃんけんをおこないました。あいこになるまでじゃんけんをし、あいこになったらハイタッチをします。

その後はグループに分かれて、トークテーマをじゃんけんで決める足し算トークを行いました。各グループも楽しそうに話をしていました。

その後、教員の良い話の聴き方・悪い話の聴き方のデモンストレーションを行い、2人組ペアになって実践しました。

良い話の聴き方とは、相手の話を、良い姿勢で、うなづきながら、笑顔で、終わりまで聞く。という、あいうえおの法則があります。たったこれだけですが、実践してみると大きな違いがでました。

悪い話の聴き方を実践しているときは、話をしている方は話しにくく、黒板のタイマーを何度も見るペアが多発していました。しかし、良い話の聴き方で話をしているときは、どのグループでも盛り上がっており、2分間では話し足りないペアも見られました。

その後、グループに戻り、話の聴き方を実践した感想を話し合い、代表で2グループに発表をしてもらいました。

実施後のアンケートでは、「話の聴き方一つで話し手に与える影響が大きいことを学んだ。」 「これから相談に乗るときは相手の話しやすい態度で接しようと思った。」などがあり、話の聴き方の効果を感じてくれている様子でした。

人の話を聴くということは、当たり前のように見えて話の聴き方態度一つで大きく変わってきます。今回学んだ保健委員たちは誰かから相談されたとき、気持ちよく聞くことができるようになっていてほしいと思います。今後もピアサポートを実施していきます。保健委員だけでなく、多くの生徒が参加してくれると嬉しいです。

令和元年度 合唱大会

令和元年11月25日(月)に高校1年次生の音楽選択者と合唱部による合唱大会が行われました!
合唱した曲は課題曲である「 大地讃頌 」と各クラスによる自由曲です。

各クラスの自由曲は以下の通りです。
1年1,2組「僕のこと」
1年5組  「グランドエスケープ」
1年6組  「スパークル」
1年3,4組「点描の唄」
合唱部   「パプリカ」「明日はきっといい日になる」

どのクラスも素晴らしい合唱で、今まで取り組んできた成果が存分に発揮されていました。合唱部による特別出演も行われ、大いに盛り上がりました!

最後は、観客として参加した高校生も含めた全員による「大地讃頌」と「津山高校校歌」により締めくくられました。

SSH 理系ポスター作成講座

 令和元年11月23日(土)の土曜講座の時間帯に、岡山大学大学院自然科学研究科(理学部生物学科)竹内 栄 教授をお招きし、高校2年次を対象に、理系ポスター作成講座を実施していただきました。
研究成果をポスターにまとめる際の基本的知識のみでなく、「ポスターは発表の聞き手の立場に立って作らなければならない、そのためには論理性と他者への配慮が必要になる」ということも教えていただきました。
講座の終わりには、いくつも質問が飛び交い、講座終了後にも理数科の数名が実験データを見てもらいながら、ポスター作成のポイントを学んでいました。

本校生徒は2年次になると、理数科であれば「サイエンス探究Ⅱ」で、普通科であれば「iPⅡ(十六夜プロジェクトⅡ)」の授業で、グループ研究を行います。サイエンス探究もiPもどちらも、研究を仕上げてまとめに入る時期になってきました。今回の講座で学んだことをもとに良いポスターを目指していきたいと思います。

クラスでの歯科指導を実施しました!

10月31日に実施した、学校歯科医の先生の指導を受け、クラスでの歯科指導を実施しました。高校生は11月11日、中学生は11月21日に実施しました。

各クラスの保健委員がそれぞれ考えた原稿を元に、特色ある指導を行いました。

歯科検診を定期的に行うことができるのは高校生までです。その後は自分で気を付けていかなければ自分の歯を守ることはできません。異常がなくても定期的に歯医者へ行き、検診を受けましょう。

【1年次生】性教育講演会

令和元年11月19日(火)「守りたい、あなたと私の性の健康」をテーマに性教育講演会を実施しました。
津山高校の1年次生を対象に川崎医療福祉大学保健看護科 教授 若井和子 先生を講師としてお迎えしました。

講演の中ではDV被害を防ぐためになど、性教育に関して多岐にわたるテーマについてお話いただきました。

【1年次生】十六夜プロジェクトⅠ「フェルミ推定」

  十六夜プロジェクトⅠ(iPⅠ)では、高校1年次生が、2年次に実施するグループ研究に向けて必要な基礎的スキルを学びます。これまで「論理的文章力」を身に付けるために小論文講座を実施してきました。今回は「課題解決力」の育成を目的にフェルミ推定の課題にグループでチャレンジしました。

 フェルミ推定とは一般的に「調査しないと分からないような数量を論理的に概算する」こととされています。
11月12日(火)に本校1年次生も「高校生が1年間に消費する砂糖の量は何gか」といった難問に挑みました。この 十六夜プロジェクトⅠ を通して、課題解決力・仮説思考力・モデル化して考える抽象的思考力・プレゼンテーション能力等のスキルをつけるべく活動しました。

保健だより10月号を配布、説明しました!

10月は睡眠について、コンタクトレンズの使用について載せています。10月は2年2組の保健委員が作成してくれました。今回は、進路課で定期的に実施している生活の記録から本校1,2年のクラス平均睡眠時間を調査し、掲載しています。

11月1日のSHRで、各クラスへ配付し説明を行いました。

9月に行った生活の記録の調査では、本校の睡眠時間は、1日の平均で、1年生では6.9時間、2年生では6.8時間となっています。中には平均睡眠時間が5時間を切っている生徒もいました。睡眠は健康にも、勉強にも重要なものです。平均睡眠時間が7時間を超えるようになってもらいたいものです。

歯科医の先生による歯科指導を受けました!

10月31日の木曜日、本校の学校歯科医である春木先生にお越しいただき、中高保健委員対象に歯科指導をしていただきました。

口の働きや虫歯の成り立ち、歯周病についてなど、さまざまな内容でお話をしてくださいました。歯の磨き方だけでなく、食事のとり方についても気を付けるようにとわかりやすいお話をしていただきました。

生徒からは質問も多くあり、1つ1つ丁寧に答えていただきました。

今回の歯科指導を受けて、保健委員は自分たちで考えて原稿を作成し、クラスで内容を伝達します。今回学んだ多くの内容を、各クラスで特色ある発表にできるよう頑張っています。

青少年のための科学の祭典 2019倉敷大会

「青少年のための科学の祭典 2019倉敷大会」で実験ボランティアを行いました。

津山高校科学部では,毎年,「青少年のための科学の祭典」実験講師ボランティアを行っています。今年も11/9,11/10に科学部の理数10名の津山高校生が,2分野の実験ブースの実験補助講師として活躍しました!

●化学実験ブース『どの色が一番?~水性ペンで咲く花の栞をつくろう~!』

水性ペンのインク色を,ろ紙を使って細かく分けていきます。会場に訪れた小学生や中学生たちも興味津々で実験に取り組んでいました。津山高校生たちはわかりやすく丁寧に実験方法を教えていました。

●地学実験ブース『火山降下物を科学しよう!』

こちらの実験ブースでは,岡山県立朝日高校の先生のご指導の下,日本にある様々な火山降下物の観察実験の補助講師を行いました。津山高校生たちは,講師をしながら実験に関する知識を勉強して,懸命に小中学生に説明をしていました。

●地学実験ブース『地球をつくる岩石と鉱物の標本をつくろう!』

こちらの実験ブースでは,本校の教員と高梁市立松山高校,真庭高校の先生のご指導の下,日本にある様々な岩石・鉱物の標本づくりやできた標本の観察の補助を行いました。



毎年たくさんの方から感謝のことばをいただいており,生徒たちにとってコミュニケーション能力の向上や,地域の科学教育に貢献する姿勢が身につくよい機会となっています。

理数科 サイエンス探究Ⅱ(課題研究)校内発表会のご案内

理数科2年次生が「サイエンス探究Ⅱ」の授業で1年間取り組んだ課題研究の成果を発表します。見ごたえのある発表会をご期待ください。 また,理数科生徒と中学生との交流会「理数科ってどう?~理数科あるある~」も行います。津山高校理数科に興味のある人は,ぜひともご参加ください。

  • 日時:12月14日(土) 9:00開会(8:30受付開始)~12:30  ※ 交流会は12:10~12:30
  • 場所:岡山県立津山高等学校 100周年記念館

<中学生の方>

・当日,直接来ていただいても大丈夫です。 ※ 事前申し込み(中学校の先生を通じて)をしていただけるとありがたいです。

<その他,一般の方>

  • 電話(0868-22-2204)までお問い合わせください。(担当者:井上 出)
  • E-mail : izuru_inoue■pref.okayama.jp (送信の際は■を@に置き換えてください)

ご案内(文書)はこちら  → 理数科サイエンス探究Ⅱ校内発表会案内(PDF)

詳細はこちら → 情報誌いざよい第6号(2019.11発行)「理数科課題研究発表会へ行こう!」