作成者別アーカイブ: tuyama10

津山国際環境映画祭「十六夜の月子」映画ロケ

令和3年2月14日 (日) にリニューアルした津山文化センターで行われる津山街デザイン創造研究所・津山国際環境映画祭実行委員会主催、津山国際環境映画祭第2回が行われます。そこで上映される「十六夜の月子」の映画ロケが、1月16日(土)、17日(日)に津山高校で行われました。
この映画は原作が山本昇氏(28期)、監督が頃安祐良氏(54期)と、ともに本校の卒業生であり、さらに本校を舞台にした映画となるため、津山高校ロケが実現しました。
当日は、エキストラとして1年次生25名が参加。監督の指示を受けながら、役者さながらの演技力を発揮していました。
実際の撮影現場を目の当たりにし、ものづくりの楽しさや、厳しさを感じることができたようです。

以下は、参加生徒の感想です。
・今回エキストラとして参加し、日常生活では体験できない撮影現場での様々なことを学びました。現場では多くの役割が分かれていて、様々な職種の方とお話しできとても特別な時間でした。エキストラ一人ひとりにもしっかりとセリフが指定され、スムーズに撮影が進むように計画されていました。その中でプロの方々が手際よく作業されている姿を見て、仕事現場の緊張感や責任感を肌で感じることができました。私はこの経験から視野がまた開けた感じがしています。皆さん、来月上映なのでぜひ見てください。

令和3年度大学入学共通テストが実施されました

令和3年1月16日(土)、17日(日)の2日間にわたり、令和3年度大学入学共通テストが美作大学で行われ、3年次生225名が受験しました。
昨年度までの大学入試センター試験から衣替えして新たな名称となり、内容も思考力、判断力、表現力を問われる内容となりました。
3年次生の多くの生徒は朝学校に集合し、担任の先生から諸連絡と激励の言葉を受け、学校を出発しました。
この2日間、 3年間の努力の成果を十分に発揮できたでしょうか。
今後18日(月)に行う自己採点の結果を受け、担任の先生との面談後、最終的な受験先を決定し出願します。

東京学芸大学附属高等学校とのオンライントークセッションに参加

東京学芸大学附属高等学校と津山市内の高校生がオンラインでつながる「オンライントークセッション」が1月13日(水)に行われ、2年次生3名がオンラインで参加しました。
この取組は、令和2年7月に東京学芸大学と津山市教育委員会で結ばれた協定に基づいて行われ、NECの協力を得ながらオンライン教育の可能性を探ることを目的に実施されました。
第2回の緊急事態宣言発令直後の東京の様子や、津山市の対策状況、授業、部活動といった普段の学校生活の様子など、「日常」をテーマに東京と津山という600km以上離れた地点での会話を楽しみました。
ファシリテーターとして学芸大の学生さんが参加。会話がスムーズに進むよう工夫して進行してくれました。大学生への質問もあり、1時間があっという間に過ぎました。
参加した生徒は、オンラインでの慣れないやり取りでしたが、それぞれの地域の話や、個人的な話もできて楽しく情報交換ができたようです。
次回は、2月12日(金)に予定されています。

【ソフトテニス部】県選抜インドア選手権 報告

「第50回岡山県高等学校選抜インドア選手権大会」が令和2年12月21日(月)に岡山市ジップアリーナで行われました。この大会は,秋の県新人大会でベスト24に勝ち上がったペアだけが参加できる大会です。 美作地区からは女子ペアとして唯一参加しました。(男子は津山商業から1ペア参加)

一回戦  黒石・西原(津山) 2 - 4 森谷・實末(就実)

 惜しくも初戦敗退となりました。ゲームの序盤は1-1で進み,3ゲーム取られた後、1ゲーム取り返すなど昨年に比べ大きな成長が感じられる大会でした。

黒石・西原ペアは,令和3年1月23日(土)に開催されるシングルス大会にも参加予定です。きっと活躍してくれることでしょう!

【1年次生】十六夜セミナーⅠ

12月19日(土)に希望者を対象に十六夜セミナーⅠの第1回目を実施しました。難関大学・医学部医学科等への進学を目標に、個々の意識の向上や、共に学んでいく仲間づくりがテーマです。各教科の講座では、ただ問題を解くだけで終わるのではなく、その問題の背景を考えたり、自分たちで作問を行ったりしました。『「出会い」で変える』という合言葉の下、残り3回のセミナーを通してより高い意識をもって学習に取り組めるように講座を行っていきます。

【2年次生】十六夜セミナーⅡ

12月12日(土)、19日(土)の2日間、希望者を対象とした十六夜セミナーを実施しました。参加した生徒は岡山大、広島大をはじめとする国公立大学進学に向け、意欲及び学力の向上をはかりました。過去問に挑戦する各教科の講座に加え、入試の出題傾向,学習方法などについても知る機会を得ました。仲間同士での学びや情報交換を通して、より高い目的意識をもつことができました。

 

食育講習会を開催しました

12月4日(金)、岡山県美作保健所による食育出前講座「満点!満足!朝ごはん!講習会」が行われました。
家庭クラブメンバーの1、2年次生約20名が受講し、調理実習室で手軽で栄養バランスのとれた朝食作りを体験しました。食材の切り方や加熱のタイミングなど調理のポイントを教わりながら、ピザ風トーストや具だくさんの味噌汁などを作りました。
試食では栄養委員と岡山県美作保健所で実習中の岡山県立大学の学生さんから、朝食と学力の関係や、生活リズム、エネルギーの摂取などをテーマにした講話を聞きました。参加生徒は朝食の重要性を改めて確認することができたようです。
美作保健所、栄養委員のみなさん、県立大学の学生のみなさん、ありがとうございました。

家庭クラブでは地域の食育推進を目的に、サイエンスリテラシーⅠ(情報)の授業と連携して、野菜などをモチーフにした食育キャラクターを使用し、2021年のオリジナルカレンダーを製作しました。
手作りのお手玉と一緒に、近隣の幼稚園や保育所、高齢者福祉施設など10施設にお届けしました。皆さん喜んで受け取っていただきました。
2021年津山高校食育カレンダーは津山高校ホームページに掲載しています。

「ソーシャルサイエンスⅠ」第4回ワークショップ

ソーシャルサイエンスⅠ(高校2年次生対象)の第4回ワークショップを2020年11月28日(土)に行いました。今回のワークショップでは、東洋大学文学部の岩下哲典教授をお招きしました。

<生徒感想>

「金海奇観」を実物で見る機会は、今回の講演に参加していなければなかったことだと思うので、とても貴重な機会となりました。「金海奇観」には絵がたくさん描かれていますが、大槻磐渓の絵がとても上手で驚きました。日本独特の浮世絵のような描き方で、ペリーやペリーとともに浦賀に訪れた人物の絵が描かれてあって私は違和感を感じましたが、先生が当時の人々にとってはこれが普通だったと説明されていて、当時の人々との価値観の違いを感じました。また、大槻磐渓が「金海奇観」の巻物のはじめの方に描いた異国船などは小学生が描いた絵みたいだと思いましたが、巻物の最後の方ではみるみる絵が上達していて、とても上手に異国船の様子を描いていて面白かったです。(中略)今回の講演を通して小学校・中学校で学んだ歴史よりもずっと深い歴史を学ぶことができて、勉強になり、とても楽しかったです。また、自分が知らなかった歴史の背景なども教えていただくことができました。本当にありがとうございました。

第67回岡山県高等学校家庭クラブ研究発表大会で最優秀賞受賞!!

令和2年11月11日(水)に開催された「第67回岡山県高等学校家庭クラブ研究発表大会」(県高校家庭クラブ連盟主催)において、「父さんに届け!! 家族の笑顔とヘルシーメニュー」というタイトルで発表した 、理数科1年渡邉芽衣さんの ホームプロジェクトが最優秀賞を受賞しました。

この大会は各高校の家庭クラブメンバーが日頃の活動成果を発表する大会で、例年は会場で開催されますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、提出したナレーション付きのプレゼンテーション資料で審査が行われました。
渡邉さんは県外に単身赴任している父親の食生活の改善方法についてまとめました。父親の食生活の様子を聞き栄養バランスに偏りがあると感じ、調理の手間もかからないバランスのとれたメニューを、父親の故郷であるイランの料理も取り入れながら考案しました。
コロナウイルス感染症が広がる中で、父親を気遣い、食生活の改善や生活不安を軽減しようと家庭科の授業で学んだことを活かした研究内容が高く評価されました。