岡山県立津山高校 柔道部

柔道部について

部長からのあいさつ

中学・高校合同で活動しています。
練習時間を有効に使う工夫をしながら、全力で練習しています。

部員数

  • 3年生: 0名
  • 2年生: 0名
  • 1年生: 4名
  • 顧問 國定義憲 井上出 神谷舜仁

練習日・時間

月曜~金曜
16:10~17:40
土曜
13:30~16:00(土曜講座実施日)

戦績

平成28年度

平成28年度岡山県高等学校新人柔道大会
男子73kg級 ベスト8 日野田圭祐

平成27年度

第62回美作地区総合体育大会
男子団体 第3位(横田、髙舘、横山、濃野、日野田)
第54回岡山県高等学校総合体育大会
女子 48kg級 ベスト8 岡本 理来

平成26年度

第53回岡山県高等学校総合体育大会
男子 60kg級 第3位 森内 凌
女子 48kg級 ベスト8 岡本 理来
平成26年度岡山県高等学校新人柔道大会
男子 73kg級 ベスト8 矢内 匠
男子団体 第3位(森内、大釜、横田、横山、濃野、矢内)
全日本ジュニア体重別柔道選手権大会 岡山県予選会
男子55kg級 第3位 森内 凌
第61回中国高等学校柔道大会岡山県予選会
男子60kg級 ベスト8 森内 凌

活動写真

ブログ記事

平成27年度

[06/22]
柔道場の畳

津山高校柔道部の歴史~白帯津山中学~

津山中学の柔道は、武専を卒業した赤川寿太郎先生が大正10年に津山中学に着任したときから本格的に始まった。
それ以前、明治39年発行の鶴城に高梁中学撃剣柔大会参列記事、40年には「我が校柔道の設置尚浅きに拘わらず道場常に格闘の影を消さず」とあり、大日本武徳会主催の大会、岡山中学、高梁中学、矢掛中学等の主催大会での記録が残っている。 以後明治43年、「この年より、撃剣柔道部から柔道部になる」と記録が残っている。 その後大正8年には、「この年より柔道角力部と称す」とあり、その創設は定かでない。
従って、赤川先生着任の年が本格的な活動の開始と言うことになっている。
以後全国大会において、大正12年、昭和3年、6年、7年と優勝、昭和9・10・11年は3連覇し、合計7回の全国制覇を果たした。津山中学柔道部は「白帯」で試合に臨み、「白帯津山中」として全国に名を轟かした。
また、その柔道は「寝技」を主体としたもので「寝技の津山中」としても全国に恐れられた。
戦後は、昭和26年に柔道部復活。27年に全国大会出場。ベスト8となっている。その後30年(ベスト8)、31年に全国大会出場。全員白帯で出場し、その柔道も伝統の寝技を主体とした柔道であった。昭和42年久々に全国大会出場。この時より黒帯での出場となった。これは、中学校で有段者になって津山高校柔道部に入部する者がでてき、「規約上白帯で出場するのは好ましくない」との見解によるものであった。以後、県内、県外各種大会において有段者は黒帯での大会出場となった。

しかし、いくら形が変わっても、先輩方が永年の月日をかけて築き上げてきた「白帯津山」の精神と伝統は、永遠に柔道を愛する後輩達の心の中に存在し続けていくであろう。

「白帯」

日本全国に勇名を轟かせた「津山の白帯」は、つまり、選手達の謙虚な心の象徴であった。少々わざが上達しても黒帯をしめて慢心が生じたら終わりである。
道は常に心の修業が第一で選手達は自覚していたのである。