7月19日(水) 2年男子 保健指導『夏かいてきに!』

暑い中での全校集会でしたが、2年男子保健委員は、『なつかいてきに』と題して保健指導を元気に、展開しました。今回は、屏風開きの掲示物を使って全校にお知らせをしました。
指導内容は、夏を安全・快適・健康に過ごすための知恵を紹介しました。
発表後、「全校を前にしての指導はとても緊張した!」と話してくれた保健委員の顔が夏の太陽のように光っていたのが印象的でした。

なつかいてきに!

暑い夏を健康で安全に乗りきるために、次のことを守って過ごして下さい。

①夏こそ! 熱中症に注意しましょう!

夏場の部活動、戸外活動では、熱中症にかからないように、こまめに水分補給をして、適度に休憩を取りながら過ごしましょう。特に運動後の牛乳補給は、血流量も増加し暑さに強い体を作ります。汗を沢山かいた時には、塩分補給も忘れないようにしましょう。

②夏こそ! 規則正しい生活を送りましょう!

短い夏休みですが、学校の生活から解放される気分になり、時間の使い方がルーズに
なってしまわないように、生活リズム・体内時計が狂わないように規則正しい生活を送りましょう。また適度に体を動かし、汗をかいて自律神経を鍛えましょう。

③夏こそ! 色々な誘惑や自分の弱さに負けないようにしましょう!

地域での行事や家庭の行事も色々あり、どうしても気分が開放的になりがちです。「つい」「ちょっとだけなら」と言う弱い考えに自分自身が捕らわれてしまわないようにしましょう。計画を立てて、1日24時間を有効に使いましょう。
3年生は、受験生としての心構えをしっかり持って、『夏を制して』下さい。

④夏こそ! 基本は「冷え対策」です。

夏は冷房の効いた部屋で過ごしたり、冷たいものを飲食する機会が増えます。
冷えることで胃腸をはじめ体の不調が起きやすくなるので、気をつけましょう。
寝冷えによる腹痛・下痢にも注意しましょう。腸の健康を保てば、免疫力も上がり
夏ばての予防にもなります。

⑤夏こそ! お風呂で疲労回復をしましょう。

夏は、シャワーだけで済ませがちですが、汗を流してさっぱりしても、疲れが十分とれない事もあります。湯船に浸かると体が温まるだけでなく、水圧で血行・血流が改善します。ぬるめのお湯にゆったり浸かってください。リラックス効果のある「半身浴」もお勧めです。

⑥夏こそ! 大切な朝ご飯と3度の食事です。

食欲が無いからといって、冷たいものやあっさりした物ばかり食べていると、夏バテが加速してしまいます。お勧めは、具だくさんのお味噌汁や、夏野菜をたっぷり使ったスープです。また味付けには、さっぱりとしたお酢やレモンを使うと食べやすく、疲労回復にも繋がります。

『夏かいてきに!』  保健委員会からのお知らせでした。

カテゴリー: H29, 保健委員会, 保健室   パーマリンク

コメントは受け付けていません。