修学旅行関東コース2日目

関東コース2日目は、コース別研修。早めに起きて朝食です。

生物科学コースの様子をお伝えします。

統計数理研究所では、黎明期のコンピュータから現役のスーパーコンピュータまで見学をさせていただきました。

講義ではデータサイエンティストの重要性について学びました。直接実験を行わない生物科学の”ドライ”解析の最新事情ですね。

国立極地研究所では、南極調査の実事情から研究者としての生き方などを学びました。実験観察主体にデータを得る”ウェット”解析の極みですね。

昼食を取った後、東京大学へ移動。

「東大生との交流を通じて地方の高校生にFairWind(=追い風)を吹かせる」ことを活動理念とする学生団体FairWindに企画していただいたプログラムで、学内を見学します。

大学の講義ノートを見せてもらったり、受験勉強の経験談を聞いたりしながら、勉学とは何なのか活発に議論しました。

薬学部の講義を受け、実験室見学もさせていただきました。津山高校OBの東大研究員との懇談会も実現しました。

夜の研修プログラム、夜景クルーズコースです。

両国からお台場まで、船から東京の様子を見て回りました。天候に恵まれ、充実した2日目になりました。

カテゴリー: H29, H29修学旅行, 2年次生   パーマリンク

コメントは受け付けていません。