平成29年度 宿泊研修報告(1日目)

4月17日~19日の期間、2泊3日の日程で宿泊研修を行いました。

今回の宿泊研修の目標は以下の通りです。

  1. 年次団、クラスで研修に取り組むことにより、津山高校で学ぶ目的を理解し、
    望ましい集団を形成する。
  2. 集団生活を通して充実した高校生活を送るためのより良い人間関係を形成する。
    ・自他への気づき
    ・新たな価値観の発見
    ・発信力の育成
  3. 学習への意欲を喚起し、学習の習慣づけの礎を築く。
  4. 新たに始まった高校生活の目的を明確にし、自己の目標を設定する。

入学して早々の行事ということもあり、

研修当初はぎこちない雰囲気であったクラス・学年も

研修を通じて仲間と過ごす内に打ち解けることができたのではないかと思います。

1日目 (4月17日(月))

この日のメインイベントはオリエンテーリングの予定でした。

しかし、残念ながら昼から雨となってしまい、急遽予定を変更して2日目の予定を前倒しをして、様々な内容の研修を実施しました。

 

県立総合体育館の駐車場からバスに乗り込み出発しました。

そして、山々の美しい風景を見ながら、バスに揺られること1時間半ほど。

閑谷学校へと到着しました!

 入所式

到着後すぐに閑谷学校のセンター所長より挨拶をいただき、講堂学習・史跡見学へと移ります。

 講堂学習・史跡見学

こちらは史跡見学の様子です。国の重要文化財にも指定されている貴重な史跡です。

残念ながら今年は史跡の一部が修理中でした。

 

講堂学習では、歴史ある講堂の中で論語を生徒も教師も一緒になって学習をしました。

 

 校歌練習

雨のため、2日目に行う予定だった校歌練習とスタンツ準備を前倒しして行いました。

校歌練習では、最初に数回、全体で練習をした後に各クラスに分かれて練習し、練習の成果を競い合いました。

 クラス目標決め

夕食をとった後はクラスの目標を決めました。

一年間この目標に向け、クラスで団結していくために各クラス一生懸命考えました。

このクラス目標を元に、後日学年の目標も決めていきます。