令和元年度 第50回 十六夜祭

9月5日(木)6日(金)7日(土)に予定していました『第50回 十六夜祭』は、無事にすべての日程を終えることができました。生徒の努力はもちろんのことですが、保護者や地域の方をはじめ、様々な方との繋がりとご協力があってこその十六夜祭であると思っております。十六夜祭に関係していただいた全ての方に感謝申し上げます。

3日間の様子を振り返ってみようと思います。  令和最初で、第50回目である記念すべき今年の十六夜祭テーマは「爛然(らんぜん)」でした。

文化の部1日目(5日)

十六夜祭1日目の開会式では、あの有名な大先輩からのサプライズメッセージが!!!生徒たちが大興奮の中、十六夜祭の幕が上がりました。

体育館では、高校生による各ブロックの舞台、中学生の舞台、吹奏楽部・演劇部の発表、応援衣装のファッションショーが行われました。ブロックの劇は、台本から衣装・道具に至るまですべて生徒だけで準備を行いました。有名な作品をモチーフにしたものから、オリジナルのストーリーまで、各ブロックのカラーが出た舞台でした。中学1・3年の劇もとても見応えがありました。

校舎内では、各ブロックの展示が行われ、2つの教室を繋げたり、コモンホールの構造を利用したりする展示など、工夫されたものが多くありました。また、部活動や委員会、有志など多くの団体による活動もありました。

中庭では、3年生による模擬店が行われ、焼きそばやポップコーンなど、各クラスの趣向を凝らした商品が販売され、お店の前には大行列ができていました。3年生たちはクラスごとに全員がお揃いのTシャツを身にまとい、一致団結した姿を見せてくれました。

文化の部2日目(6日)

2日目は、中庭では中学2年生のダンスや合唱部・書道部のパフォーマンス、教員バンド「T’z」などが披露され、とても盛り上がりました!

体育館では、有志のダンスパフォーマンスやバンド演奏が行われました。バンドのメンバーも観客も心を一つにし、熱気あふれる空間となっていました。

体育の部(7日)

体育の部は、天候に恵まれ快晴のもと実施されました。どの競技も接戦で白熱したものになりました。また、応援席に集まった生徒たちによる熱量の高い応援はとても迫力がありました。1位を目指し奮闘する生徒の姿はとても輝いて見えました。

十六夜祭の目玉でもある応援合戦は大いに盛り上がりました。どのブロックもとても息の合った演技で、観客席からは大歓声が上がっていました。

締めくくりに校歌を全校生徒で大合唱し、今年度の十六夜祭も生徒全員が最後まで力を出し切り、無事に終了しました。

3日間を通じて

今年度の十六夜祭は3日間を通して天候に恵まれ、そして、生徒たちが短い準備期間の中で自分たちのできることを精一杯にやった結果、文化の部・体育の部ともに盛大に実施することができました。準備期間には、思うようにいかず、悩み苦しむ姿もありました。しかし、最後には溢れんばかりの笑顔を見せてくれました。準備期間中も含め、この十六夜祭で、また一歩大きく成長したことと思います。 最後になりましたが、3日間にわたり多くの方にご来場いただきありがとうございました。

総合優勝は青ブロックでした!