社会人講師活用事業「岡山大学の先生による特別講義」

令和元年6月18日、十六夜プロジェクト(総合的な探究の時間)に岡山大学から先生をお招きして特別講義を行っていただきました。先週は企業等にお勤め方々による「社会人講師による職業紹介」を行いました。その職業を目指すためには、どのような学問や研究があるのかということを今回の特別講義を通して知るとともに、大学の学部学科の内容について理解を深め、生徒の進路意識を喚起することを目的としております。

今年度も11学部12学科の先生方にお越しいただき、特別講義を行っていただきました。(文学部、教育学部、法学部、経済学部、理学部、医学部医学科、医学部保健学科、歯学部、薬学部、工学部、環境理工学部、農学部)

生徒感想(抜粋)

人文学は言語や文学だけの学問だと思っていたので、ここまでたくさんの分野や領域があることを知って、驚きました。広い多様性で「人間」について学ぶということに、とても興味がわきました。人とは何か、文化や歴史、言語などあらゆる角度から研究できるのは素晴らしいと思いました。複雑ではっきりしないところに心を魅かれました。

法律や法学と聞けば,「覚える」というイメージがあったが,それだけではなく議論ができるようになるなどの力を養うことも重要だと理解した。また,裁判は日本とヨーロッパでは基準が異なり,「法のルール」や「みんなが納得できるような結果」など判断の仕方も国それぞれの特色があることに驚いた。

理学部の中にも様々な科があり、その中でも更に細分化されていることを知ることができて、自分の興味ややってみたいことをどれだけ明確にするかの大切さがわかりました。45分では物足りないほど濃い内容であり、岡山大学のオープンキャンパスに行ってみようと思いました。

私は将来、診療放射線技師になりたいと思っていましたが、放射線技術科学専攻以外のコースも気になりました。今まで診療放射線技師についてしか保健学科の仕組みについて知りませんでした。看護学の中には養護教諭になれる道があるということを知って、将来の目標を改めて見つめなおそうと思いました。貴重なお話を聞くことができて本当によかったです。

今まで農学部に興味があったけれど、どんなことを研究するのかあまり知りませんでした。でも、今回の授業で、農学部は品種改良についてだけではなく、森林などの環境や動物、食べ物についてなど様々な分野があるということを知ることができました。また、農学部は視野が広く専門性も高く、明確に職業や就職先を決めている人、研究をしたい人のどちらにとっても需要があり、これからの更に進歩していく学部であると思いました。