修学旅行マレーシア方面 1日目

関西国際空港からクアラルンプール国際空港へ。

搭乗ゲートで見たクアラルンプールの天気予報はこの先3日間雨天続き。

「大丈夫ですよ、私、晴れ男ですから。」と学年主任。

そう言われればこの学年、行事の天候には恵まれてきた。。。んだったかな?

機内アナウンスはマレー語、英語、日本語。

フライトインフォメーションにもメッカの方角が表示され、

異文化圏に足を踏み入れつつあるという実感が湧いてきます。

無事にクアラルンプール国際空港着。

入国手続きも問題なし。

雨、降ってません。

「ほらね。」と学年主任。

後3日間、継続してパワーを発揮してください。

現地ガイドさんの案内を聞きながらバス移動。

クアラルンプール市内まで続く道沿にはアブラヤシ農園が続きます。

ガイドさんは流暢な日本語で説明してくださいます。

「英国植民地だったのでビジネスには長けていても技術がなく、エンジニアが求められているんですよ。」

「人口が増えているので、日本から企業が多く進出しています。ファミリーマートも進出していて、おでんが大人気なんですよ。」

など、勉強になるお話がたくさんありました。

夕食は中華。インディカ米のチャーハンや龍眼の入ったフルーツポンチなど、生徒は堪能したようです。

ホテルに無事到着。班長会では本日の振り返りを行ない、活発に意見が交わされていました。頼もしい。自分たちの力でこの旅行を成功させてください。

明日から本格的に活動が始まります。よく休んで明日に備えましょう。

カテゴリー: R1, R1修学旅行, 修学旅行, 2年次生   パーマリンク

コメントは受け付けていません。