H30年度「SSH大阪大学工学部研修」

3月27日(水),1年次生42名で,大阪大学吹田キャンパスに行ってきました。本校OBの大学院工学研究科の赤松 史光 教授(燃焼工学)と高原 淳一 教授(応用物理学)の先生方にお世話になり,研究室見学させていただきました。

▲燃焼工学研究室の見学

午前中は,赤松先生の燃焼工学研究室の研究施設の見学をさせていただきました。アンモニアの燃焼を研究している施設などを案内していただき,たいへん興味深い話をしていただきました。

昼食は,吹田キャンパスが一望できるレストラン(15F)で赤松先生,高原先生,そして本校の卒業生との食事会を行いました。学生生活や高校時代の思い出などを話してもらいました。

 

▲ 午後は,2011年に竣工されたばかりの大阪大学フォトニクスセンターです。

高原先生の研究室のあるフォトニクス先端融合研究センターで,施設の見学や研究の概要について説明していただきました。グループごとにセンター内の施設の見学をさせていただき,電子デバイスなどハイテク素子の技術開発の様子を見せていただきました。

 

▲最後は高原先生が生徒それぞれの質問に答えてくださいました。

交通事情で到着が少し遅れ,全体の日程が遅れていたにもかかわらず,高原先生には生徒たちの質問に丁寧に答えていただきました。大学の研究室に初めて入った生徒も多く,数年後の自分について考えるきっかけになったと思います。赤松先生,高原先生,研究室の方々,卒業生のみなさん,お忙しい中だったと思いますが,本校生徒のために充実した内容の研修をしていただき,たいへんありがとうございました。

 

 

<生徒の感想>

・研究者の方々は楽しそうでワクワクしていて、私もやりたいなと思いました。大学について考えるとても良い機会になりました。

・研究も大学でどういうふうに行われているのかあまり知らなかったが、知ることができたし、大学には高い機械などもたくさんあって、いろんな研究ができることがわかり、すごく楽しそうだと思った。

・問題視されている発電時の二酸化炭素の削減方法は風力発電や太陽光発電などの再生可能エネルギーぐらいしか無いと思っていたが、それでは効率が悪いから、アンモニアを使って水素を運び、その水素で発電するという方法を聞き、とても興味がわいたし、もっと詳しく知りたいと思った。

・学生さんたちはみんなキラキラしていて自分が携わっている研究を楽しそうに話していて、いつか自分もこんなふうになりたいと思いました。

・質問するのは勇気がいるけれど、分からないことなので聞けてすっきりして良かった。今日してもらった研究の話は難しかったけれど、たくさんの研究が聞けてすごく楽しかったし、興味の幅を広げることができて、言ったかいがあって良かった。