「ナチュラルサイエンスⅠ」第4回ワークショップ

12月8日(土)に高校2年次生ナチュラルサイエンスⅠの選択者を対象に、岡山大学工学部准教授の紀和利彦氏をお招きしてワークショップを開催いたしました。

紀和氏はその斬新な開発技術で多くの賞を受賞され新聞記事でも取り上げられるなど、最先端で活躍しておられる研究者です。

講演ではご専門の「テラヘルツ波」を含む電磁波について幅広く、そしてその応用についてお話していただきました。

 

光の歴史から始まり、電磁波の性質、テラヘルツ波の性質についてわかりやすく解説していただきました。

そしてテラヘルツ波の応用の話になると生徒の興味・関心は一気に引き込まれることになります。空港での所持品検査や化学変化を可視化する手法、医療への応用など、技術の応用の幅広さに圧倒されていました。生徒の事後の感想用紙には、その創造的アイデア、多岐にわたる応用の可能性に魅力を感じ、研究に対する強い憧れを抱いたとの感想が多く見受けられました。

講義後には興奮冷めやらぬ様子で生徒が紀和氏を取り囲み、時間を忘れて研究の世界に浸っていました。