サイエンスチャレンジ岡山2018

H30年11月10日(土)に総社市のきびじアリーナでサイエンスチャレンジ岡山2018が行われ、津山高校科学部からは2チームが参加しました。

また、先立って行われた中学生の科学のコンテストで優秀な成績を収めた津山中学校科学部からは、白陵中との合同チームがオープン参加しました。

岡山県全域から計40以上のチームが集まり、全国大会(科学の甲子園)への出場をかけて科学に関するさまざまな筆記や実技で科学の力を競いました。

部門は筆記競技(チーム内で相談可能で各分野〔 数・物・化・生・地・情〕難問に挑戦)、実技競技①~③があり、このうち、実技競技②では津山高校のチームが5位に入賞しました。

実技競技①(物理・化学分野) 炭酸ガスを使ってコルク栓を的に向かって飛ばす競技

実技競技②(生物・地学分野) 会場周辺のフィールドワーク

実技競技③(工学分野) ストローとポリエチレンシートを使って「ヨットカー」「飛行機」「熱気球」を製作しその完成度を競う

この大会では、中学生・高校生たちの熱戦が繰り広げられており、津山高校生も多くの刺激を受けたと思います。この経験を生かし、次の大会ではさらに良い成績がおさめられるよう頑張ってもらいたいです。

 

カテゴリー: H30, SSH, 科学部, 部活動   パーマリンク

コメントは受け付けていません。