「ナチュラルサイエンスⅠ」第3回ワークショップ

ナチュラルサイエンスⅠ(高校2年次生対象)の第3回ワークショップを9月29日(土)に行いました。

今回のワークショップには、福山大学の秦野琢之教授(本校卒)をお迎えしました。バイオテクノロジーを用いた微生物によるバイオ燃料生成に関する研究などについて,大学の講義形式で実施していただきました。高校時代から研究者になるまでのことや研究者としての考え方なども非常にわかりやすくかつ楽しくお話しいただきました。

酵母菌の様々な変異株を用いた実験,トイレットペーパーから植物ガソリンをつくりたいという夢など,微生物を用いた応用化学の研究分野について生徒たちの視野を広げてくださいました。

大学で行われている十数年先の科学研究について興味関心が高まると同時に,高校生として今,何をしなければならないかも考えさせられる授業でした。

カテゴリー: H30, SSH, 2年次生   パーマリンク

コメントは受け付けていません。