熱中症予防研修会を実施しました!

7月19日(木)の終業式終了後、生徒保健委員による部活動生徒への熱中症予防研修会を実施しました。

高校の運動部の生徒の代表2名ずつと、今回は中学生も含めて全体で68人の生徒が研修会に参加しました。

 

まずは保健委員長が挨拶しました。

先日の小学生の痛ましい事故、今年の救急搬送の多さも踏まえて話し、自分の体は自分で守りましょうという言葉がとても印象的でした。

その後、教員による熱中症の基礎知識と熱中症対策グッズの講話がありました。

そして代表の保健委員によるデモンストレーションの後、運搬法・回復体位・熱中症の初期対応についてそれぞれ実施しました。

〇デモンストレーションの様子

〇グループごとの実施の様子

最後に養護が作成したおすすめドリンクをみんなで試飲しました。

そして副委員長の挨拶により、熱中症予防研修会は終了しました。

どの部の生徒も熱心に練習しました。実施後のアンケートの結果もよく、保健委員が生徒に向けてしっかり指導を行った成果です。これからまだまだ夏は続きます。気温が30度以上の日が多い今年は、生徒も教員も協力して熱中症の予防・対策が必要です。この研修会で学んだ生徒から、ほかの生徒へと学びがつながり、津高生・津中生の全員が熱中症の予防と対応を知っているようになって欲しいです。