日別アーカイブ: 2019 年 7 月 17 日

OB・社会人を活用した土曜講座(7月13日)

7月13日、本校卒業生の飯田淳義先生(岡山赤十字病院救命救急センター・救急副部長)をお招きして、特別講義が実施されました。ご講義のテーマであったACP(Advanced Care Planning)は、「まだ患者本人の意識がある状態で、今後の治療について患者と医療従事者があらかじめ話し合う自発的なプロセス」を意味しており、終末期医療のあり方について我々が考えるべき大きな課題でした。

「人はいつか死ぬが、どのような形で最期を迎えたいか」というお話から始まり、「人ひとりが死ぬ時には様々な人間の思い・感情が交錯し、思いもよらない難しい問題が起きる。だからこそ、今、ACPが重要」ということを分かりやすく、事例を用いて説明してくださいました。高校生にとって「死」とはまだまだ先のことのように思えますが、そのような生徒に向かって飯田先生がおっしゃっていたのは、「死を考えることは、つまりは、生を考えること」というお言葉でした。

医療に携わりたいという将来の展望を持っている生徒が多く参加したこの講義では、質疑応答の時間に積極的に質問をしている生徒の姿があり、飯田先生はその質問の一つ一つに対して「難しくセンシティブな問題ですが、非常にいい疑問です」とコメントしてくださいながら、丁寧に答えてくださいました。死生観、生命倫理といったものに我々は今後ますます向き合っていく必要があるということを強く感じさせられたご講義を通して、生徒が得たものは大きかったと思われます。

飯田先生、お忙しい中、貴重なご講義を本当にありがとうございました。

【1年次生】校内スポーツ大会

7月12日(金)に1年次生の校内スポーツ大会が開催されました。

1年次生の種目は、男子がソフトテニス、女子がバレーボールでした。
どちらもクラスごとのチーム対抗で競いました。

前日までの雨で天候が心配でしたが、当日は天候に恵まれ夏らしい陽気の中でスポーツを楽しむことができました!

最後に全員で記念撮影を行いました。

 

 

 

【ソフトボール部】ブルペン整備

令和元年7月6日

今日はブルペンの整備をしました。皆の名前を書いたピッチャープレートをタイムカプセルとして埋めました。2日後には早速ピッチング練習を開始しました。1人ひとりの力は小さいけれど、皆の力があわさって,ピッチャーの背中を押せる,すごい力が宿るといいな。

 

 

OB・社会人を活用した土曜講座(6月29日)

6月29日、本校卒業生の 狩野哲郎 先生(伊藤忠商事株式会社)をお招きして特別講義・座談会が実施されました。先生は大学をご卒業なさった後、伊藤忠商事に入社され、それまで国内であまり浸透していなかったオーガニックコットンをMr.Childrenのコンサートグッズとして普及させるなど、商社マンとして第一線で活躍されている方です。昨年度もお越しいただき、非常に反響の大きかった先生のご講義でしたが、今回もお忙しい中、本校生徒のために時間を割いてくださいました。ご講義の中では、野球部のピッチャーとして活躍されていた高校時代・大学時代のお話、さらには商社の仕事について、様々なお話を聞かせてくださいました。

社会に出て働くということに対して漠然としたイメージしか持てていない高校生にとって、ご自身のご経験に基づき「人との繋がり」「一期一会」の大切さを語ってくださった先生のお話は非常に学びの多いものであったようです。狩野先生、お忙しい中おいでいただき、本当にありがとうございました。

以下、生徒感想より引用。

○「changeに対応できないとchallengeできない」という言葉が印象的だった。日頃から身の回りの変化に敏感でいること、そして常に挑戦し続けることを心に留めておこうと思った。(3年男子)

○商社マンといえば、明るくバリバリと働くイメージがあり、それも私には向いていないかなと思っていましたが、人脈の広げ方や、人間関係において“積極的に自分から相手に好意を見せる”ことが大切だと聞いて、これなら私も意識して行動できると思いました。今回の講演で、何を学ぶかということより、どういうような大人になりたいか、どのように働くかなど、講演を聴く前よりも考えやすくなりました。私も、相手から一緒に働きたいと思われるような人になれるよう、まずは今頑張るべきことに、一生懸命努力したいです。(3年女子)

○自主的に参加する講演会に初めて参加したのですが、本当にみんなが聞くべきだったなと思えるくらい、良い講演でした。商社がどんなものなのか、商社に勤める人はどんな人なのかが分かり、私の志望の幅が広がったように思いました。この講演を通して、自分の人との接し方、思いが変わる一日になりました。(3年女子)

【ソフトボール部】川崎医療福祉大学の先輩方と練習試合

令和元年6月23日

6月23日,川崎医療福祉大学ソフトボール部(教育実習の内田先生のところです)の皆さんと練習試合を行いました。1試合目は津山高校VS川崎医療福祉大学,2試合目は津山高校+川崎医療福祉大学3年VS川崎医療福祉大学1・2年で行いました。大学生の先輩方のプレーはひとつひとつの動きがすべて勉強になり,これをお手本として私たちもより大きな成長を目指して前進していきたいと思います。

また今回は新チームになって最初の試合でもありました。1・2年生が一丸となって試合に臨み,少しでもよいプレーができるよう,頑張りました。

 

試合が終わり,解散した後はそれぞれ分かれてチーム内で親睦を深めました。ちなみに1年生は岡山イオンに行き,プリクラ撮ってホットドッグを食べました(^^)