カテゴリー別アーカイブ: H31

【剣道部】活動まとめ(平成から令和へ 前編)

平成最後の中国大会予選

平成31年4月20日(土)・21日(日)、中国大会予選が笠岡総合体育館で行われました。1日目に行われた男子個人は尾原諒が5回戦進出、小阪優弥が4回戦に進出しともに中国大会出場を果たし、女子団体は2回戦で商大付属に4-0で敗退という結果でした。男子個人はまず中国大会に出場できることを翌日の団体戦に活かすこと、女子は試合内容は良かったものの大きくスコアが開いたということは、さらに詰める部分があったということを心に秘めながら2日目を迎えました。

翌日の女子個人では笠尾観葵がベスト8、 沖永紗弥子が3回戦に進出しともに中国大会出場を果たしました。特に沖永は中学校に入学して初めて剣道を始め、剣道歴4年での快挙でした。

団体戦は男子は2回戦で興譲館と0-3で敗れました。内容的には粘り強く戦うことができたのですが、大将戦にまで繋ぐことができなかったという反省点が残りました。

平成最後の美作剣道大会

平成31年4月29日(祝)、津山剣道連盟が主催する県下一般剣道大会、美作地区高等学校剣道大会、及び美作地区中学校剣道大会が開催されました。中学生から一般の方までが同日同会場で試合を行う全国的に見ても珍しい大会だそうです。結果は以下の通りでした。

高校 男子団体2位 女子団体2位

中学校 男子団体 3位

中学生高校生が一緒に参加する大会は、この美作地区大会と段別選手権だけですが、特にこの大会は中学・高校の1年生が初めて応援する大会でもあり、また団体戦ということもあって熱が籠る大会です。高校は美作総体を意識して、さらに稽古に励みたいと思います。

5月18日(土) マレーシア人留学生との交流会

津山高専で学ぶ4名のマレーシア人留学生をお招きし、マレーシア方面の修学旅行に参加する生徒を対象とした交流会を開催しました。

留学生の皆さんはマレーシアの文化・社会の説明と、現地で使えるマレーシア語表現の紹介をしてくださいました。

すべて英語で話してくださったのですが、私たちと同じように英語を第二言語として学びながらとても上手に話される様子に刺激を受けた生徒も多かったようです。

その後、本校生徒のほうからも、英語で日本文化の紹介を行いました。剣玉を実演する班、かるたを一緒に楽しむ班、千代紙でオリジナルこけしをつくる班などがあり、現地で日本文化を紹介する良い練習になりました。

マレーシアとはどんな国なのか、イメージが膨らんだと思います。旅のアドバイスをもらっている生徒もいたようですね。修学旅行でしっかり学んでくるための準備ができました。留学生の皆さん、Terima kashi! (ありがとうございました。)

美作地区総体収納式・令和元年度生徒総会

5月29日(水)6,7限に美作地区総体収納式と令和元年度生徒総会が行われました。

収納式では、美作地区総体(団体)で3位以上の成績を収めた部活動の代表が登壇し、結果とこれからの抱負を述べました。

収納した部活動は以下の通りです。

  • ハンドボール男子 優勝
    ハンドボール女子 優勝
  • 剣道    男子 優勝
    剣道    女子 優勝
  • 陸上競技  男子 優勝
    陸上競技  女子 優勝
  • 弓道    男子 優勝
    弓道    女子 3位
  • ソフトテニス男子 3位
    ソフトテニス女子 2位
  • 卓球    女子 3位
  • 野球       3位

 

生徒総会では、生徒会による決算報告・予算案、生徒総会審議が行われました。

生徒総会審議では、各クラスからあがった議案を審議しました。議案に対する生徒からの質問や意見も多く出ていて、生徒たちが主体となって津山高校について考える機会となりました。

 

日本地球惑星科学連合2019大会・高校生セッションに参加しました

5月26日に千葉・幕張メッセで開催された「日本地球惑星科学連合2017大会・高校生セッション」で,本校から参加した1チームが研究発表を行いました。

この大会は,地球科学系の様々な学会が合同で開催する大きな大会で,NASAやJAXA,国立天文台も参加しています。

高校生セッションでは,全国の高校から80本の研究発表があり,本校から1チーム4名が参加,1本の研究発表を行いました。本校の研究は,地元津山の地球史についての研究発表で,研究者の方々から多くのご助言をいただきました。

「1600万年前にあった津山海はなぜ消滅したのか
  ~津山市皿川に見られる玄武岩岩脈の古地磁気測定による考察~」

理数科3年次生 間所 颯、江見 裕太、俣野 翔太、鷲田 尚行

津山市内の1600万年前の地層を貫く玄武岩脈の時代と成因を古地磁気測定によって探るため,無定位磁力計を自作し,測定に挑みました。市内石材店の協力や本校OBの人脈を通じての指導助言も得ながら,玄武岩脈の残留地磁気の測定に成功。この結果から,当時の津山地方にかかった地殻変動の圧力の向きを解明し,これによって中国山地の隆起と,それに伴う「津山海」消滅の過程を推理しました。先輩方が製作した無定位磁力計を改良し,古地磁気の測定に成功し,中国山地の成立と津山海消滅過程への仮説の検証につなげた研究でした。

水泳部活動-津山工業プール掃除

津山高校水泳部です。新入部員7人を迎えて、令和元年度の活動を始めています。

5月23日(木)定期考査終了後の午後、津山工業のプール掃除を行いました。

津山高校にはプールが無いので、水泳部の練習は外部のプールを借りて行います。秋から春にかけては津山高校すぐ近くのSTYや、鏡野町B&Gのプールで練習しているのですが、夏は津山工業のプールで練習を行います。プール開き前のプール掃除も担当します。

この日は気温が30度近い夏日となりました。熱中症対策で水分補給の休憩をはさみながらの作業になりましたが、2時間ほどで掃除を終えることができました。6月から徐々に練習場所を津山工業のプールへと移していきます。自己ベスト更新めざして頑張るぞ!

【手芸調理部】3年生が引退です(;。;)・・・

テストの最終日に、3年生の引退セレモニーをしました。

第1回定期考査の最終日であったため、
少し手の込んだ「トマトクリームパスタ」「コンソメジュリアン」を作りました。

「美味しかったです!!」

とろーり!トマトクリームがパスタに絡まって最高!!

次回は、お菓子作り!!  「十六夜クッキー」、パイを作ります!!
美味しいお菓子を作るぞー(*^o^*)

新入部員も頑張っています!

新部長 横部

令和元年度 SSH食品科学講演会

「発酵食品と微生物のかかわり」

今年度の「SSH食品科学講演会」は、理数科・普通科1年生(240人)を対象に、津山高校100周年記念館にて実施しました。美作大学・短期大学部 教授 桑守正範先生にお願いし、「発酵食品と微生物のかかわり」というテーマで、大変興味深く、楽しい講演をしていただきました。

講演を聞いたことで、自分の身の回りには昔から様々な微生物によって作られている食品が多く存在していることに気づいたり、発酵食品の作り方や食品加工の過程などにも大変興味を持ったようです。

この講演会をきっかけに発酵食品や微生物について興味・関心・意欲を持ち、今後、課題研究などを通してさらに科学的な視野を広げることが出来るのではないかと感じました。

生徒の感想<一部抜粋>

  • 私にとって、最も身近な発酵食品は納豆である。納豆は腐っていると思っていたが、今回の講演で腐敗と発酵は、微生物の代謝活動という点では同じであるが、発酵は風味豊かな食べられるものに変化するという点で大きく異なることがわかった。食品を発酵させ風味豊かにし、長期間保存できるようにした先人の知恵に感心する。微生物の働きで分解が進んだものを食べるという行為には勇気が必要だ。それにも関わらず、様々な発酵食品を作り上げた先人達は素晴らしい。顕微鏡もない時代に人間にとって有益な菌か、害になる菌かということをどのようにして発見したのだろうか。また、疑問に感じるのは、どんな食品でも発酵食品にできるかということである。日々の食べ物に感謝すると共に発酵食品だけでなく、もっと食について興味を持って調べてみたい。
  • 腐敗と発酵の違い、発酵の仕組みについて詳しく学ぶことができた。微生物が、他の微生物に対抗するための策として生成した物質が、人間にとっての旨味や長期保存に役立っているのは興味深かった。味噌を造る時期や塩を入れる工程の一つ一つに科学的な視点でみると大きな理由があり、腐敗でなく発酵にするための重要なことであることがわかった。他の微生物を酸で殺したり、活動を抑えるためにアルコール、抗菌物質を生成することのできる微生物にも大変興味を持つことができた。

【ソフトテニス部】美作総体 女子団体準優勝 男子団体3位

◎平成31年4月27日(土)に令和元年度全日本・中国高等学校ソフトテニス選手権大会(個人)美作地区予選会が津山スポーツセンターで行われました。

<男子>

本校からは2ペアが県総体(個人)に出場を決めました。
特に,草苅・大槙ペアは第2位になるなど、大活躍の大会でした。

<女子>

女子は3ペアが県総体(個人)に出場を決めました。
山本・小柳ペアが第3位と健闘しました。

県総体(個人)は,6月1日(土),2日(日)に,水島緑地福田公園で行われます。

◎令和元年5月11日(土)に美作地区高等学校総合体育大会ソフトテニス競技(団体戦)が津山スポーツセンターで行われました。

各学校の威信をかけた大会ということで,どの試合も白熱していました。

まずは男子団体についてです。
二回戦では今大会優勝の美作高校との試合でした。3ペアとも奮闘しましたが,破ることはできませんでした。第3位という結果でした。

次に女子団体についてです。
初戦は,津山工業と対戦し,3-0で突破しました。
二回戦は,美作高校を2-1で破り、決勝へコマを進めました。
津山東高校との決勝戦において先に2敗してしまい,準優勝となりました。

次の試合は,平成30年6月8日(土),9日(日)に,浦安総合公園で行われる県総体(団体戦)に出場します。応援よろしくおねがいします!

 

 

学校開放日のご案内(令和元年度5月)

 学校公開について

今回の津山高校「授業公開」は,生徒たちの学習活動や生活の様子を,地域の中学生・先生方・保護者の方々に気軽に御覧いただくことを目的としています。この機会に是非御来校いただき,授業の様子や施設,設備などをご覧ください。

  • 校内配置図は,当日受付でお受け取りください。
    当日の時間割はこちらをご確認ください → 
  • 誠に恐れ入りますが,上履きと下足を入れる袋を御用意いただきますようお願いいたします。

<駐車場等について>


 本校生徒の保護者の方へ

―保護者対象の講演会のお知らせ―

5月19日(日)の授業参観・PTA総会終了後、本校生徒の保護者対象講演会を開催いたします。

  • 13:00~13:30 保護者講演会受付(体育館入口)
  • 13:30~15:00 保護者対象講演会(体育館)

<講演会内容>

  • 講師: 本校スクールカウンセラー 植山 起佐子 先生
  • 演題:「 思春期の子育てと “大人力” 」

第4回牛魔王選手権に参戦!!

5月3(金)、4(土)、5(日)に、津山城三の丸(鶴山公園)にて第4回牛魔王選手権が、開催されました。

今回は、「あっちゃんの大きな木」さんと連携して、『ぎゅうざ』を企画しました。

『ぎゅうざ』は、大きめの餃子の皮で餡を包んであげたものです。餃子の中の餡には、もちろん牛肉のそずり肉、津山産生姜、ねぎ、美咲町のなしを使用しています。

また、下味に私たちが作ったごんご豆の「ごんご味噌」を使っていただきました。

食べると、表面はカリッとして、中はそずり肉の旨味が溢れ、ほんのり生姜の香りがし、なしとごんご味噌の甘しょっぱい下味がついているので、何個でも食べられるます。

とてもおいしいと評判でした。

商品のネーミングや、宣伝用のポップ作りにも力を入れていたので、多くの方々に来場いただき「美味しい!!」といって食べていただけたのが大変嬉しかったです。有り難うございました。

また、いろいろなことに挑戦していきたいと思います。

手芸調理部 部長 下谷 華音