カテゴリー別アーカイブ: H30

H30年度「SSH大阪大学工学部研修」

3月27日(水),1年次生42名で,大阪大学吹田キャンパスに行ってきました。本校OBの大学院工学研究科の赤松 史光 教授(燃焼工学)と高原 淳一 教授(応用物理学)の先生方にお世話になり,研究室見学させていただきました。

▲燃焼工学研究室の見学

午前中は,赤松先生の燃焼工学研究室の研究施設の見学をさせていただきました。アンモニアの燃焼を研究している施設などを案内していただき,たいへん興味深い話をしていただきました。

昼食は,吹田キャンパスが一望できるレストラン(15F)で赤松先生,高原先生,そして本校の卒業生との食事会を行いました。学生生活や高校時代の思い出などを話してもらいました。

 

▲ 午後は,2011年に竣工されたばかりの大阪大学フォトニクスセンターです。

高原先生の研究室のあるフォトニクス先端融合研究センターで,施設の見学や研究の概要について説明していただきました。グループごとにセンター内の施設の見学をさせていただき,電子デバイスなどハイテク素子の技術開発の様子を見せていただきました。

 

▲最後は高原先生が生徒それぞれの質問に答えてくださいました。

交通事情で到着が少し遅れ,全体の日程が遅れていたにもかかわらず,高原先生には生徒たちの質問に丁寧に答えていただきました。大学の研究室に初めて入った生徒も多く,数年後の自分について考えるきっかけになったと思います。赤松先生,高原先生,研究室の方々,卒業生のみなさん,お忙しい中だったと思いますが,本校生徒のために充実した内容の研修をしていただき,たいへんありがとうございました。

 

 

<生徒の感想>

・研究者の方々は楽しそうでワクワクしていて、私もやりたいなと思いました。大学について考えるとても良い機会になりました。

・研究も大学でどういうふうに行われているのかあまり知らなかったが、知ることができたし、大学には高い機械などもたくさんあって、いろんな研究ができることがわかり、すごく楽しそうだと思った。

・問題視されている発電時の二酸化炭素の削減方法は風力発電や太陽光発電などの再生可能エネルギーぐらいしか無いと思っていたが、それでは効率が悪いから、アンモニアを使って水素を運び、その水素で発電するという方法を聞き、とても興味がわいたし、もっと詳しく知りたいと思った。

・学生さんたちはみんなキラキラしていて自分が携わっている研究を楽しそうに話していて、いつか自分もこんなふうになりたいと思いました。

・質問するのは勇気がいるけれど、分からないことなので聞けてすっきりして良かった。今日してもらった研究の話は難しかったけれど、たくさんの研究が聞けてすごく楽しかったし、興味の幅を広げることができて、言ったかいがあって良かった。

 

医系セミナー 津山中央病院インターンシップ

3月25日~26日、または3月26日~27日の2日間、津山中央病院にお世話になり、医療インターンシップを行いました。今回は将来医療の道を志す生徒29名が参加しました。(志望職種:医師9名、看護師8名、理学療法士1名、作業療法士2名、薬剤師4名、助産師5名)

オリエンテーションでは、県北地域における津山中央病院の役割や、災害時の貢献などについてお話をいただきました。院内見学では、救命救急センターや検査室、新設中の施設などを見せていただきました。

心肺蘇生法・AED体験では、救命士の方が講習をしてくださり、様々な状況を想定しながら処置を行うなど、とても刺激的な講習になりました。

技術体験では、人形をつかった新生児の沐浴の体験をさせていただきました。「みんなとてもいい顔をしている」と講師の先生に誉めてもらうことができました。

また、手術支援ロボット「ダヴィンチ」のシミュレーター体験を全員がさせてもらい、最新の技術を肌で感じることができました。さらに手術室で実際の手術の様子を間近で見させていただくこともできました。初めて立つ手術の現場。緊迫した雰囲気の中での執刀医の先生の手際の良さ、チームワークに圧倒され、皆、瞬きをするのも忘れそうな様子で見つめていました。

この他にも、職種ごとに専門職の方にお話を聞きながらお弁当をいただいたり、白衣に着替えて職場体験をさせていただくなど、大変貴重な体験をさせていただきました。今回のインターンシップを通して各自が目指す医療人のイメージがより明確になったはずです。お世話になりました津山中央病院職員の皆様、本当にありがとうございました。

 

平成30年度 最後の収納式・終業式

平成30年3月20日(水)、今年度最後の収納式と終業式が中高合同で行われました。

◆ 収納式

収納式では、1月~3月に活躍した部活動等の成果を発表しました。

今回、発表した高校の部活動は以下の通りです。

◾陸上競技部
◾SSH科学部

◆ 終業式

終業式では校長先生から「一年間の振り返りをもとに自分の未来・将来をしっかりと見通して新年度に臨んでもらいたい」というお話がありました。

その後、校歌を斉唱し、文化委員会・生徒会による発表の後、春休みの諸注意がありました。

東大・京大セミナーを実施しました!

3月16日(土)東大・京大セミナー

東京大学・京都大学への進学を希望する2年次生を対象にセミナーを実施しました。

3年次団の先生方による国数英の教科セミナーに加え、受験情報セミナーや、実際に合格した卒業生との座談会も行いました。

セミナーを通じて、難関大学を目指すことの意味や、一生懸命に難しい問題と向き合う楽しさを再認識できたと思います。勉強が分かることへの満足感以上に、よく分からないからこそ自ら探究しようとすることの価値や面白さを追求してもらいたいと思います。今後の更なる努力に期待しています。

セミナーに参加した生徒の感想を紹介します。

・得られたものがかなりあったと思う。例えば数学では、今までは一つの漸化式を立てていたが、すべての事象を足すと1になることを用いて複数の場合によって異なる確率が混ざった漸化式を立てる問題があるということを学べた。英語では、多読の重要性を再認識させられた。国語では、解答における主語の大切さに気づけた。また、数学でもそうだが「本当にそれは根拠といえるのか」と思えるようなことを根拠としてしまうことにも気づけた。自分の中では、今日参加したメンバーを大切にしたいという意識も生まれた。ぜひまた、勉強会やセミナーをみんなでやってみたいと思った。(理系男子)

・はじめに「なぜ勉強するのか」という問いが投げかけられたとき、明確な理由が見つからなかった。京都大学を志望する理由もまだはっきりしていないので、自分なりに目標を見つける努力をしていこうと思った。レベルの高い仲間たちと一日の授業を共にし、「やっぱりみんなすごいなあ…」と素直に感心させられた。これがただの感心に終始しないよう、今後のモチベーションに変えて、みんなに追いつけるよう努力しようと思った。(文系男子)

1・2年次生 校内大会

3月14日(木)に1年次生、15日(金)に2年次生の校内大会が実施されました。

1・2年次生ともに、男子がサッカー、女子がバスケットボールを行いました。

クラス対抗で白熱した試合が繰り広げられ、生徒の普段とはまた違った姿を見ることができました。

もうすぐ新年度を迎え、クラス替えが行われますが、最後に一層クラスの絆が深まったように思います。

■1年次生

■2年次生

2年次生は最後に生徒の声かけにより、全員で大きな輪になって校歌を歌いました。

第7回保健委員会を開催しました!

今年度最後の保健委員会を実施しました。今回は高校1・2年で開催しました。

副委員長の挨拶により始まりました。

冬季から使用していたコモスイ・紙加湿器と年度当初よりクラスに設置していたアルコール手指消毒を回収しました。

次年度も各クラスに設置し、教室の環境整備に努めたいと思います。

 

また、保健委員会活動のアンケートを記入してもらいました。それぞれが1年間の活動を思い返しながら、記入してくれました。

1年間のまとめ・アンケート

 

委員長の最後の挨拶で今年度の保健委員会活動は終了しました。

委員長は、保健委員会に参加したことによって、クラスやみんなの役に立てていることが実感でき、保健委員に入ってよかったと話してくれました。

来年度も生徒が自分の健康やクラスの人の健康に気づき、自ら動くことのできる活動を実施したいと思います。

ヘルス3月号を配付、説明しました!

ヘルス3月号を作成しました。今年度最後の発行となるヘルスは中学3年生2クラス合同で作成してくれました。今月の内容は、メディアとのつき合い方、音響外傷などについてです。

その後各クラスで配付、説明しました。


メディアやSNSの正しい使い方はできているでしょうか。
本校でも、ゲームやスマホを長時間使用している生徒もおり、SNSで出回っている情報に左右されている人も見受けられます。今のうちに正しい情報を見極める力をつけていってほしいものです。
また、言葉については、新しいコミュニケーションの方法が多くなっていますが、相手に送る前に立ち止まり、相手のことを考える習慣をつけようと呼びかけました。
これを機会に、ご家庭でもスマホやゲームの使い方について、今一度お話していただけたらと思います。

ヘルス12月号を配布・説明しました!

ヘルス12月号を作成しました。今月は2年1組の生徒が作成してくれました。
今月の内容は、STI(性感染症)、インフルエンザ、姿勢についてです。


読みやすいよう、丁寧に作成してくれました。

その後、各クラスで配布・説明を行いました。


インフルエンザが流行しないよう、しっかりと予防方法を呼びかけました。

津山高校・中学校吹奏楽部 第19回スプリングコンサートのお知らせ

時   2019年3月24日(日)

開場  13:30

開演  14:00

場所  音楽文化ホール ベルフォーレ津山(アルネ津山7F)

入場無料

これまで、「響け!津吹サウンド 届け!津吹マインド Grow up with music !」という部訓のもと、精一杯練習に励んできました。スプリングコンサートは、〝津吹〟の一年間の集大成の演奏会です!
津吹サウンドをホールいっぱいに響かせたいと思います。ぜひご来場ください。

演奏曲目
◾たなばた
◾サウンド・オブ・ミュージック
◾アイデア  ほか

「第4回中国地区高校放送コンテストならびに校内放送活動研究集会島根大会」

みなさん、こんにちは!報道部部長です。

さて、この度、昨年11月18日に行われた第42回岡山県高等学校放送コンテストを勝ち抜き、恐縮ながらアナウンス部門岡山県代表として、今年2月2日・3日に行われた第4回中国地区高校放送コンテストに出場させていただきました。

前日の夕方に島根県へ前入りして始まった、初の島根遠征。コンテストは、翌日の大会初日が予選、その次の日に決勝という形で行われました。

残念ながら予選敗退してしまい、全国大会に駒を進めることはできませんでした。予選敗退してしまったことで、自分の力不足・他校との差を強く感じ、とてつもなく、とてつもなく悔しかったです。しかし、そこで改めて実感できたのは、意識の違い・練習量の違い・技術不足・練習不足という、浮き彫りになった失敗の数々でした。このように、今回のコンテストが、自分たちの欠点にダイレクトに向き合う機会になったことで、個人としても、部としても、大変貴重な経験を積むことができました。

“チーム岡山”として県内の出場校一丸となって臨んだ島根での中国地区コンテストは、私たち報道部に、「気づき」、「行動力」、そして「ご縁」を与えてくれました。