カテゴリー別アーカイブ: H29

H29年度「SSH大阪大学工学部研修」

3月27日(火),1年次生38名で,大阪大学吹田キャンパスに行ってきました。本校OBの大学院工学研究科の赤松 史光 教授(燃焼工学)と高原 淳一 教授(応用物理学)の先生方にお世話になり,研究室見学させていただきました。

 

▲燃焼工学研究室の見学

午前中は,赤松先生の燃焼工学研究室の研究施設の見学をさせていただきました。アンモニアの燃焼を研究している施設などを案内していただき,たいへん興味深い話をしていただきました。

昼食は,吹田キャンパスが一望できるレストラン(15F)で大阪大学工学部の先生方や本校の卒業生との食事会を行いました。学生生活や高校時代の思い出などを話してもらいました。

 

▲燃焼工学研究室の            ▲フォトニクス 先端融合研究センターの    赤松 史光 教授です。           高原淳一教授です。

 

▲ 午後は,2011年に竣工されたばかりの大阪大学フォトニクスセンターです。

高原先生の研究室のあるフォトニクス先端融合研究センターで,施設の見学や研究の概要について説明していただきました。グループごとにセンター内の施設の見学をさせていただき,電子デバイスなどハイテク素子の技術開発の様子を見せていただきました。

 

▲最後は高原先生が生徒それぞれの質問に答えてくださいました。

最後に,フォトニクスセンター入り口にて記念撮影をしました。大学の研究室に初めて入った生徒も多く,数年後の自分について考えるきっかけになったと思います。赤松先生,高原先生,研究室の方々,卒業生のみなさん,お忙しい中だったと思いますが,本校生徒のために充実した内容の研修をしていただき,たいへんありがとうございました。

 

<生徒の感想>

・学校にいるだけでは絶対に学べないことをたくさん学ぶことができた。今回の研修で自分の未来の選択肢が広がっていったと思う。

・専門用語が多く分からないところもありましたが,その分調べてみたいという興味がわきました。自分の将来のために一歩前進できたような気がします

・いろいろな説明を受けてみて理解できたこととできないことがあったけど,どれもすごく興味が持てた。説明してくださった方々はみんな楽しそうにしていたから,自分も早くそういう分野を見つけたいと思った。

・大学と企業との共同研究や,実験の試行錯誤の過程の話を聞くことができ,今後の進路に生かして励みたいと思った。

・僕は文系ですが理系に関する視野を広げたいと思い参加しました。大学の先生方やOBの学生の方々が丁寧に説明してくださり充実した研修になりました。

・専門的な内容のところはあまり理解できないときもあったが,普段是対見られないような最新の研究内容を知ることができて面白かったです。将来の視野が広がり良かったです。

・今回初めて大学に来て勉強して難しいこともたくさんあったが,大学の広さ,外国人や年齢も様々な人がたくさんいたことなどに驚いた。研究分野も細かいところまで分かれていて自分の好きなことをピンポイントで研究できるのは本当に楽しそうだなと思った。大阪大学に来て自分の中でたくさんの発見があり来て良かったと思った。

・質問がたくさん出てきて,リアルタイムでどんどん教えてもらえることが楽しかった。インターネットや本で見るのもいいけど,阪大の環境に触れることができたのは自分のためになった。

・1日中最先端の研究の一部に触れることができてとても良い経験になった。最新の機器を多く見ることができてワクワクしました。

・研究室を見学させていただき,将来の具体的なビジョンが少し見えた気がします。

・大阪大学は施設や企業との共同研究がすごいなと思った。講義内容を理解することは難しかったが,難しいからこそ興味がわいた。

・これからの未来に役立つような研究分野がたくさんあり,アンモニアを燃料にするという発想はすごかった。

・今の知識で研究内容を理解するのは厳しかったですが,今日のメモを将来に生かすことが大事だと思った。質問することは新たに疑問を作ることなんだなと思いました。

・新しい世界を知ることができた。先輩の話を聞けて参考になることが多かったです。

・1日科学漬けで楽しかった。普段見られないような設備を見て,大学に行かなければならないと決意した。

・大学での研究は高校とは桁違いに莫大な予算がかかっているし規模も大きいけど,新しく何かを発見したいとか人の役に立ちたいという気持ちは同じなんだなと思った。今後の課題研究にとってとても良い刺激になりました。

・研究室で初めて質問できました。今までは自分に自信が持てず質問ができなかったけど,もっと知りたいと思ったり,探究心を持つことがサイエンスを極めていく人には重要な要素だと思うので日常から様々な分野に興味関心を持っていきたい。とてつもない努力をしてPh.Dをとりたいです。

・工学部にも理学部みたいな研究室があって,設計して実験して,自分のやりたいことを1日中している人たちはみんなやりがいがあって楽しそうだった。

・専門的なことを勉強するのは楽しいけど,その前に高校での勉強を頑張らなければならないと思うので,今日のような楽しいことに出会うために勉強を頑張ります。

日本物理学会Jrセッション(2018)出場

3月23日(金),東京理科大学 野田キャンパスにて行われた日本物理学会に,本校からは3チームが出場し,発表を行いました。

この大会は,全国の高校生や中学生が物理に関する研究の成果を発表するもので,応募のあった138本の論文のうち一次審査を通過した102本の研究についてポスターセッションが行われました。

 

「水が境界面の摩擦に及ぼす影響について」

理数科2年 上原 大和,芦田 雄斗,石原 健成,坂本 涼,杉山 雅和

 

 

「ヒラリズム(葉の落ち方)の定式化」

理数科2年 中尾 天哉,角南 遼太,渡辺 潤,河井 沙奈

 

 

「界面活性剤の濃度と泡の関係性」

理数科2年 髙見 大地,井上 翔太,岡本 あかね

 

 

なお,この大会には津山中学校の2年生も出場しました。

「ガウス加速器による衝突直前の加速度と球の高さとの関係」

中学2年 高橋 恵吾,難波 幸大

 

 

会場には,本校理数科卒業生の東京大学3回生の 鳥取 岳広 君も参加しており,後輩のポスター発表を聞きに来てくださいました。

 

学会発表は,今まで準備・練習してきたプレゼン能力が発揮できる場であると同時に,大学の先生から研究に関するアドバイスをいただけたり,全国の高校生と交流を深めることができたりと,自分自身が大きく成長できる絶好の機会です。理数科では,これからも学会発表に積極的に参加していきたいと思います。

 

津山中学校体育館建設現場見学ツアー

― 地域の企業を知る ―

津山中学校体育館建設現場見学ツアー

現在、津山中学校体育館が津山高校体育館横に建設されています(平成30年5月完成予定)。そこで、3月23日(金)に地元企業の業務内容を知ることと、建設系学部を志望する生徒のキャリア意識の醸成を目的に建設現場見学ツアーを行い、1、2年次生建築・建設系希望者9名と教職員4名が参加しました。

最初に、工事事務所で建設業に関わる様々な職種や今回の工事概要(工法等)について担当の方よりお話を伺いました。今回採用されているラーメン構造など聞きなれない専門用語を分かりやすく説明いただき、また壁の強度や体育館の耐用年数といった生徒からの質問にも丁寧に答えていただきました。

 

30分ほどお話しいただいたところで、いよいよ現場見学です。ヘルメットと安全ベルトをお借りしていざ出発です。

 

1階に入ると、さすがは体育館。天井の高さと天井まで組まれた足場に圧倒されました。航空機の製造工場のような雰囲気です。 (写真①)

再び外に出ると、大型クレーンが作業中で、屋根の上に資材を上げていました。
青空にクレーンが映えます。(写真②)

天井用資材を見せていただきました。木片にコンクリートを混ぜ込み強度を出したものだそうです。(写真③)

いよいよ2階部分に上がります。

2階ギャラリー部分からの景色を眺めながら、
さらに天井部分に上がります。(写真④、⑤)

梁と柱には岡山県産の木材を使用した巨大な集成材が使用されています。
実際に天井と壁の接合部を触らせていただきました。完成後は間違いなく触れることはできないでしょう。

いよいよ屋根の上へ。足場を使って上がります。かなり斜度のある屋根の上で作業されていました。

これが屋根の頂上部(棟)。間近で見ると感動します。

最後に全員で記念撮影。ご案内いただきありがとうございました。

今回のツアーで生徒は建設現場の実際を自分の目で見学することができ、また体育館のような大型木造建築物の建設現場を見学するような機会はないため、将来を考える上でも大変貴重な体験となったようです。
お忙しい中、快くこの企画にご協力いただきました梶岡建設株式会社様、浮田建設株式会社様に心より感謝申し上げます。

【生徒の感想より】

  • 今回は津山中学校の体育館建設現場を見学して、現場の方の意識、とりわけ安全面への配慮を様々なところで強く感じました。また、コンピュータを用いることでより安全により確実により効率よく仕事をされるというお話をいただき、技術発展が人々の暮らしと上手く結びつくことでさらに良いものを生み出すことができると再認識しました。このような機会を与えてくださった皆様、また、普段から学校での工事ということでいろいろと配慮していただいている現場の皆様、本当にありがとうございました。(1年男子)
  • 私たちが見学に伺ったとき、津山中学校体育館はまだコンクリート剥き出しの骨組みの状態ではあったが、すでに体育館の構造を至る所に見ることができた。特に、体育館の天井に触れる高さの足場まで登らせていただき、間近に見た天井の素材は、私が普段高校体育館で目にしているそれと同じものであった。体育館の天井が灰色なのは汚れの蓄積ではなく、素材が持つセメントの色であると知った。他にも木造構造には欠かせない木材同士が強力に圧着された集成材なるものの有用さや、体育館のような柱のない広い空間を有する建造物の持つ構造の特徴など、今回の見学会で非常に興味深い多くのことを学ぶことができた。貴重な機会を与えていただいたことに感謝したい。(2年男子)
  • 私は将来設計の仕事につきたいと漠然と考えていました。この見学ツアーを通して、実際に建物を建てるとなると、建築士も施工業者や専門業者など様々な職種の方と協力して工事を進めていくことを知り、責任のある仕事だと感じました。また、建設される建物によって使用される素材や、工法が異なり、強度を考えた細かな工夫が施されていることを知りました。今回、建築士はやりがいのある素敵な仕事だと改めて感じることができ、とても貴重な時間を過ごすことができました。(2年女子)

鶴山中学校 学習支援ボランティアに行ってきました

例年、2学期より金曜日の放課後と土曜日の午前中に鶴山中学校の3年生の希望者を対象とした学習会が、鶴山中学校主催で行われておりました。
この学習会に今年度より津山高校生がボランティアとして参加することになりました。

ボランティアとして、将来教員を志望する生徒と鶴山中学校OB・OGを中心に24名が登録しました。2月末までに20回が開催され、のべ67人がボランティアとして参加しました。

参加した生徒は、わかりやすく教えることの難しさや、コミュニケーションをとることの難しさを感じることができたようです。

お礼の手紙

また、保護者の方や地域の方が協力されている様子を見て、学校が地域に支えられていることも学ぶことができたようです。
お声かけ頂いた鶴山中学校の先生方に感謝したいと思います。

保護者の皆様からお礼のメッセージカードをいただきました。
ありがとうございます。(右)

 

 

【生徒の感想(抜粋)】

  • 中学校の内容だからと思っていたが、いざ質問を受けると自分の答えに自信がなくうまく教えられないところもあった。中学生から質問はしにくいだろうと感じたので、こちらから声を掛けると、うまくコミュニケーションが取れた。自分のできる範囲で中学生の力になれたと思う。
  • 教えるということは正解を求めることよりもはるかに難しく、今までの自分にはなかった視点で問題を理解していくことも必要だと感じた。自分のやり方を押し付けるだけではだめで、相手の考えに寄り添い教えなければならないと思った。しかし、実際に教えることは本当に難しかった。
  • 自分がわかっていると思っても説明するとなると言葉が足らず、うまく教えられない部分もあった。一度教えた中学生にずっとつきっきりになってしまった日もあった。もっと多くの中学生を教えられるようにしたい。
  • 改めて自分で教えてみると、説明がすごく難しかった。日ごろから先生方はすごいことをされているのだと感じた。普段の授業から先生方の技術を観察し、盗みたいと思った。
  • 自分が中学校3年生のとき、どのような気持ちだったか思い出すことができた。自分の勉強法や津山高校の雰囲気など伝えることができた。
  • 手が止まっていた中学生がいたので、声を掛けると問題がわからなかったようでした。英語が苦手だと言っていましたが、具体的な例を挙げ、なぜそうなるのかを説明すると理解してくれたのでうれしかったです。
  • 勉強の質問をしてくれたことはもちろんですが、津山高校がどんなところかを質問してくれた人もいたのが嬉しかったです。質問しやすい雰囲気を作ることが大切だと感じました。相手に合わせた声掛けができるようになりたいと思います。
  • 目線を合わせることの大切さを感じた。メモ用紙を用意し、具体例を挙げながら説明するとわかってもらえた。繰り返し教えていると、教え方のコツがわかってきたような気がした。
  • 教えていると一方的になってしまうので、中学生が理解しているかどうか様子を見ながら段階を追って説明することが大切だと感じた。
  • 自分が教えているすぐ隣で、自分が中学校でお世話になった先生方が教えられていて、やはり教え方のうまさが違うと感じた。保護者の方から温かいお礼の言葉をかけていただいてとてもうれしかった。

津山中央病院インターンシップへ行ってきました

3月27日(火)~28日(水)の2日間、津山中央病院インターンシップを行いました。参加生徒は23名。医師や看護師、臨床検査技師等を志す多くの生徒が参加しました。

【1日目】

心肺蘇生法やAEDの体験や院内の見学。午後からは職種別に見学や体験を行いました。身体検査の体験では、聴覚検査などで実際に機械を操作して、検査する側を体験。菌検査室では、施設を見学しました。菌検査では、採取した尿や血液から病原体を突き止めます。患者と直接関わることは少ないですが、非常に責任ある仕事であると強調されていました。

【2日目】

午前は看護学校長の講話と採血の体験。午後からは電気メス等を使った技術体験。普段は見聞きできない経験に、参加生徒も興奮している様子でした。

最後の振り返りでは、充実した表情の生徒たち。この経験から、次の行動に生かしていってもらいたいと思います。

『春かいてきに』全校集会で発表しました!!

3月20日、全校集会にて、1年保健委員男女12名で恒例の保健指導・『春かいてきに』を実施しました。事前に短時間の練習をしていたのですが、本番となると、緊張したようですが、保健委員の12人が気持ちを合わせて上手に発表できました。今回も、冬かいてきにバージョンと同じ手法の題字を開いて発表する方法で行いました。

春休みの健康が次の新年度の健康を左右することや規則正しい生活(スマホの使用のルール)を送ることの大切さ等を伝えました。

保健だより「ヘルス3月号」参照

●3月20日当日の保健委員発表の様子

 

●前日の練習風景

帰りのSHRでは、保健だより『ヘルス3月 春かいてきにバージョン』を配布しました。短い春休み期間ですが、安全に健康に過ごしてください。そして、新学期を元気に迎えましょう。

視力低下や虫歯治療がまだ済んでいない人は、一日も早く治療を開始してください!!

平成29年度 最後の収納式・終業式

平成30年3月20日、今年度最後の収納式と終業式が中高合同で行われました。

◆ 収納式

収納式では、1月~3月に活躍した部活動等の成果を発表しました。

今回、発表した部活動等は以下の通りです。

  • 書道部
  • 弓道部
  • 家庭クラブ
  • 理数科 など

 

◆ 終業式

終業式では校長先生から「成功と努力」について、

「次のステージへと進むために、努力を重ねて成功に近づいていくこと。”失敗は、転ぶことではない。そのまましゃがみこんだままでいること”」というお話を聞きました。

その後、校歌を斉唱し、文化委員会・保健委員会による発表の後、春休みの諸注意がありました。

泉山ヒュッテ清掃登山(中林コース)

2018年3月18日(日)に、山岳同好会6人のメンバーと、泉山ヒュッテ清掃登山に行きました。10年ぶりに中林(ちゅうり)側から、滝巡りをして登りました。行きは天の川コースを通り、沢を何度も横切りながら、変化に富んだ登山道を楽しみました。例年になく雪が少なく、井水山山頂からヒュッテの間の谷で少し踏んだだけでした。ヒュッテで昼食を取り、新しく持って上がったほうきで小屋内を掃除しました。帰りは直登コースを下りました。苔むす杉林、檜林を通り、下山しました。

第69回卒業証書授与式

3月1日(木)本校体育館において、第69回卒業証書授与式が執り行われました。

当日は天気に恵まれ、気持ちの良い朝となりました。

■ 式次第

  1. 入場
  2. 敬礼
  3. 開式の辞
  4. 国歌斉唱
  5. 卒業証書授与
  6. 校長式辞
  7. 祝辞
  8. 送辞
  9. 答辞
  10. 式歌斉唱
  11. 校歌斉唱
  12. 閉式の辞
  13. 敬礼
  14. 退場

厳粛な空気の中、普通科193名、理数科40名の卒業生が式に臨み、

普通科代表生徒と理数科代表生徒に卒業証書が手渡されました。

菱川靖人校長からの式辞では、「『津山高校での三年間は、皆さんのこれからのステージへのステッピングストーンになっているのです。そのステッピングストーンに足を掛けて、さらなる高みを目指してください。』という言葉から、結果にいたるまでの動きや変化が重要であるので、『これからも前に進み続ける真摯な挑戦者であってもらいたいと願っています。』」という話がありました。

来賓の方々による祝辞、在校生を代表した生徒の送辞、それに対する卒業生を代表した生徒の答辞と続き、

式歌「大地讃頌」、そして最後に校歌を卒業生、在校生、教職員が一体となって歌いあげ、式を締めくくりました。

最後に、卒業生の皆さんに向けた年次主任の先生よりのメッセージで締めくくります。

構築型能力の獲得を

六十九期生諸君,卒業おめでとう。
高校での学習の柱は、「現状把握や構造分析をするため」であった。こと受験勉強は、構造分析能力を測るための対策にあったといっても過言ではあるまい。しかし,これからは独自性があり、実現した時のインパクトの大きな政策立案のできる構築型能力のある人が求められる。
テレビを分解し、その構造の理解、また部品一つ一つの役目を把握した上で、それを再びもとの形に組み上げていく力ではなく,テレビ以外の価値ある製品を作り上げていく力が必要だ。他者の、世間の一般的な考え方ではなく、自分のオリジナルな考え方を突き詰め、「そんなことを考えて何の役に立つのか」とさえ思えるようなことを延々と考えられる思考体力をまずつけてもらいたい。何年か経つと、「ものすごく考えてきた人」には知性が宿る。
高い専門性を持ったリーダーシップを発揮できる人とならんことを祈っている。

平成29年度 3年次主任 植月 透

津山高校・中学校吹奏楽部 第18回スプリングコンサートのお知らせ

時   2018年3月24日(土)

開場  13:30

開演  14:00

場所  音楽文化ホール ベルフォーレ津山(アルネ津山7F)

入場無料

 

中学3学年と高校2学年の計5学年が初めて揃った今年。

音楽を通して“津吹サウンド”、“津吹マインド”や日頃の練習の成果をお届けしたいと思います。ぜひご来場ください。

演奏曲目

  • ペドロの奇跡の夜
  • 天空の城ラピュタ ~バルスと正義~
  • フィンガー5コレクション
  • やってみよう  ほか